Dell Logo

デル、最新のデータセンター向けネットワーク・ファブリック、SDNやNFVコントロール、クラウドソリューションを発表

シェアする
Copied!

2014年4月16日

デル株式会社

デル、最新のデータセンター向けネットワーク・ファブリック、

SDNやNFVコントロール、クラウドソリューションを発表

デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:郡 信一郎、以下、デル)は本日、スケールアウトやクラウドベース環境における運用管理の効率化や迅速化、企業の成功を支援する最新のネットワーク・ソリューションを発表しました。最新の「Dell Networking Z9500」は、優れた電力消費効率や、一ラック当たりの最高密度を兼ね備えているうえ、スケールアウトに応じたライセンス追加・拡張が可能な10/40 GbEデータセンター・コアスイッチです。

 

最新の「Active Fabric Controller」やRed Hatなどの業界パートナー、NFV推進団体との取り組みの加速は、データセンターのインフラの変革や最適化を支援します。

 

デルは、仮想化やトラフィックパターンの変化、クラウド・サービス型製品による現在のワークロードのニーズに対応できるよう、データセンターのネットワーク・アーキテクチャの刷新や最適化を支援します。デルは、標準ベースの技術を採用することにより、レガシーシステムの刷新、ベンダーロックインの回避、将来的なSDNやクラウド、NFVベースのシステムへの円滑な移行をサポートします。

 

スケーリングに対する優れたコスト効率を提供する「Dell Networking Z9500

「Dell Networking Z9500」ファブリックスイッチは、業界最高の密度を有する固定型フォームファクタのデータセンター向けスイッチであり、L2/L3ルーティングやスイッチング・プロトコルに対応します。「Z9500」スイッチは、ハイパフォーマンスなエンタープライズ・データセンターやクラウド・コンピューティング、プロバイダーによるデータセンターのホスティングサービス、エンタープライズLANコア向けに集中型コアまたは分散型コアのアーキテクチャを通じて、データセンターの10/40 GbEアグリゲーション要件に対応するよう設計されています。「Dell Networking Z9500」は、Web 2.0やハイパフォーマンス・コンピューティング、仮想化に対するワークロード向けに最適です。

 

  • 圧倒的な密度とパフォーマンス:「Z9500」スイッチは、一RU当たりの密度が3倍、スループットが10Tbpsであり、デルの前世代のスイッチ製品と比較してレイテンシは半分です。
  • 究極の柔軟性:3RUコアスイッチは、40GbEの132ポートを標準搭載し、10GbEの528ポートまで拡張可能です。
  • 現在および将来に対応するスケーラビリティ:固定型フォームファクタ・スイッチは、36、84、または132ポートのSKUに対して、将来を見据えて必要に応じたライセンスの追加・拡張が可能であり、小規模なデータセンターのファブリックの構築や、需要の増加に応じたファブリック容量の増加に対応します。
  • ハイパフォーマンス・コンピューティングやWeb 2.0、仮想化などのワークロードに最適です。
  • 優れた効率性:競合製品と比較して一ポート当たり約半分の電力消費量であり*、ツール不要の「Enterprise ReadyRails」マウンティングキットによるラック設置時間やリソース削減に寄与します。

    

OpenStackに対応する「Dell Active Fabric」コントローラ

OpenStackやOpenFlowの活用は、現代ビジネスのインフラの経済性や運用性、技術的優位性を向上させることに寄与します。しかし、それぞれが非常に複雑であるため、企業が円滑に導入することは容易ではありません。クラウド管理者が必要としているのは、ネットワーク構成を簡素化すると共に、クラウドベースのサービス向けにネットワーク機能を拡張できるソリューションです。

 

「Dell Active Fabric」コントローラは、SDNプラットフォーム向けの製品であり、クラウドやXaaS環境向けにネットワーク機能を簡単かつ安全に構成・導入できるように設計されています。「Dell Active Fabric」コントローラは、エンタープライズのOpenStack導入を促進するソリューションであり、「Dell OpenStack Powered Cloud」ソリューションのオプション・コンポーネントでもあります。最新のソリューションは、OpenStack向けにオンデマンドの仮想化ネットワークサービスを提供する単一の統合ソリューションであり、物理インフラの自動化やライフサイクル管理の一元化などを行えます。

 

  • シンプルな操作とインテリジェントなアプローチ:プラグアンドプレイのネットワーキング・ソリューションは、クラウドおよびアプリケーションの管理者向けに最適化されています。また、ワークロードおよびポリシーの認識を提供するOpenStackアプリケーションでも使用可能です。
  • カスタマイズされたポリシーの提供:ワークロードの開始や停止、変更の場合に適用されるオンデマンドのカスタマイズされた仮想ファブリックが、各アプリケーションのセキュリティやパフォーマンス、効率を向上させます。
  • 最高水準の効率性を実現:柔軟な自動適用ファブリックサービスは、集約化されたファブリック全体の可視性に対する自動化されたライフサイクル操作とセルフサービスにより、設計や運用、アプリケーションのプロビジョニングにおいて最高の効率を提供します。

 

「Dell Active Fabric」コントローラは、簡単なプラグアンドプレイのデバイス探索やプロビジョニング、自動化されたトポロジや転送の最適化、ファブリック全体のプログラミング、簡単に操作できるライフサイクルなど、ネットワーキングに必要な最新機能を提供します。

 

ソリューション提供や導入を加速するデルのNFVに対する取り組み

  • デルは、CloudNFVといった業界推進団体やRed Hatなどのパートナー企業と共に、革新的なNFVソリューションの提供に貢献しています。デルとCloudNFVは、通信事業者や欧州電気通信標準化機構(ETSI)などと協働してクラウドベースのNFVソリューションの商業化に注力しています。
  • デルは、CloudNFVと共に、ユーザにより多くの選択肢を様々な技術を対象に一貫して提供しており、オープンスタンダードソリューションの推進に寄与しています。

 

Dellネットワーキング バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャ トム・バーンズ(Tom Burns

「デルは、最近のオープンネットワーキングの発表のように、ネットワークの変革に注力しています。私たちは、様々な企業規模に対してイノベーションや最新のオープンソリューションを提供し、SDNやNFVに対しても、従来のネットワークと比較して優れた経済性や幅広い選択肢を提供する新たなアーキテクチャを推進しています。」

 

Joyent Inc. ネットワークオペレーションズ シニア・ディレクタ シェーン・スタケム(Shane Stakem

「技術的な進歩や固定フォームファクタソリューションの低コスト化によって、高い信頼性を提供する低レイテンシが可能となっています。私たちは、オープンスタンダードをベースにしたスパインやリーフスイッチのデザインの重要性を再確認すると共に、独自開発のロックイン型のファブリックよりも有利であることに気付きました。」

 

Moor Insights & Strategy アナリスト ジョン・ フリー(John Fruehe

「スケールアウトやクラウドデータセンターは、よりプログラム可能なソフトウェア型のネットワークインフラへの移行を牽引しています。これらの最新のネットワーク製品は、デルの同分野における実績やスタンダードベースアプローチへの取り組みなどの表れです。 これは、次世代のワークロードなどのメリットを迅速に提供することにより、企業のネットワークやマネージメントコストの低減に寄与します。」

 

Red Hat 仮想化およびOpenStack担当ジェネラルマネージャ ラドヘッシュ・バラクリシュナン(Radhesh Balakrishnan)氏

「通信業界にも焦点を当てることを目的としたデルとの共同開発契約の拡大は、通信事業者により良いサービスを提供し、Red Hatとデルの強みをフル活用するにあたっての新たなステップでした。私たちは、Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform上に構築されたOpenStackベースのNFVとSDNソリューションの共同開発を行うことで、通信事業のお客様がこうした革新技術を利用してビジネスを変革できるよう支援します。」

 

提供予定

  • 「Dell Networking Z9500 Fabric Switch」は、4月に米国、6月下旬以降には各国で提供開始されます。
  • 「Dell Active Fabric」コントローラは、2014年第2四半期に各国で提供開始します。
  • デルとRed Hatの共同開発中のOpenStackベースのNFVおよびSDNソリューションは、2014年に提供開始します。

 

*2014年2月にデルで行ったリサーチによるデータ。実際の動作とは異なる場合がございます。

 

製品詳細については以下を参照ください。

http://www.dell.com/jp/business/p/force10-z-series/pd

 

■ 記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

 

読み続ける