Dell Logo

デルがNASAの火星着陸の任務をサポート ~Dell HPCクラスタで、探査機着陸の検証を実施~

シェアする
Copied!

<米国時間2012年8月7日発表抄訳リリース>

デルがNASAの火星着陸の任務をサポート
Dell HPCクラスタで、探査機着陸の検証を実施~

 

デルは、Dell™ PowerEdge™サーバを搭載したNASAの2台のHPC(科学技術計算)クラスタでデータ解析を実施し、NASAの新火星探査機の着陸という困難な任務をサポートしました。カリフォルニア州パサディナにあるNASAのジェット推進研究所(JPL)が管理する、火星探査機Curiosityは火星に送り込まれた過去最大の探査機です。

Curiosityは2011年11月26日に打ち上げられ、太平洋夏時間2012年8月5日午後10時32分に火星の赤道付近ゲールクレータ(Gale Crater)内に着陸しました。調査団はCuriosityを利用して、火星の山の地層研究を計画しています。この地層調査により、火星が初期に湿潤環境であったか、生命に適した状態であったかどうかが判明します。

探査機は、生命が存在できるかもしれない環境、および過去に生命が存在したかどうかの二点について調査します。Curiosity探査機が火星の大気圏突入と着陸を成功させるための準備には、大量の試験データの解析が必要となりました。この解析に、Dell HPCクラスタであるGalaxyとNebulaが利用され、困難な任務の遂行を強力にサポートしました。ミッションチームが開発した最終着陸シークエンスパラメータは、Dell HPCクラスタを使用して検証され、先週、Curiosityにデータが送られました。

 

記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

読み続ける