Dell Logo

新製品Dell PowerEdge C8000シリーズを発表~ハイパースケールへのニーズに応えて、モジュール型の演算処理能力とストレージを提供する共有インフラソリューション~

シェアする
Copied!

新製品Dell PowerEdge C8000シリーズを発表

~ハイパースケールへのニーズに応えて、モジュール型の演算処理能力と
ストレージを提供する共有インフラソリューション~

デルは本日、単一筐体内に演算、GPU/コプロセッサ、ストレージスレッドを組み合わせることができる4U共有インフラソリューション、Dell PowerEdge C8000シリーズを発表しました。PowerEdge C8000シリーズは、ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)、ビッグデータ処理、ホスティング・プロバイダーなど、リソース集約型のハイパースケールなワークロード向けに開発されました。

共有インフラソリューションであるDell PowerEdge C8000シリーズは、理想的な組み合わせでリソースを提供するだけでなく、設置スペースと電力消費を抑えて、より高い温度でデータセンターの運用が可能となります。ワークロードのピークに合わせてコア、メモリ、I/Oを拡張でき、従来の1Uサーバに比べて省スペースで高い演算処理能力を提供します。

 

共有インフラでTCOを軽減
PowerEdge C8000シリーズは電力効率、システム拡張効率、演算密度に優れているため、リソース集約型のハイパースケールワークロードに対応する場合でも、共有インフラプールと共有演算能力、ストレージ、電源、冷却リソースによって総所有コスト(TCO)の低下を実現します。共有インフラは電力および冷却コストを減らし、筐体全部を交換せずに最新コンポーネントを導入してシステムを刷新することを可能にします。

 

演算、演算/GPU、ストレージスレッドの最適な組み合わせ
PowerEdge C8000の共有インフラ筺体は、最大8つのシングルワイドスレッドまたは4つのダブルワイドスレッドを格納できます。各演算スレッドは、プロセッサ、メモリ、ネットワークインターフェイス、ベースボードマネジメント・コントローラ、ローカル・ハードドライブ・ストレージで構成される標準的なサーバと同等のものになっています。1つの4U筐体に以下のような演算、GPU/コプロセッサ、ストレージスレッドを組み込み、リソース集約度の非常に高いワークロードを素早く処理できます。

  • PowerEdge C8220演算スレッド:高密度スペースに多くの演算処理能力を詰め込みました。シングルワイドスレッド向けに特別に設計されたC8000の筐体に、最大8個の C8220ノードを搭載でき、4Uのラックスペースで次世代プロセッサ最大16基の演算処理能力を提供します。
  • PowerEdge C8220X演算/GPUスレッド:ラックあたりパフォーマンスと演算/メモリ密度をさらに向上するとともに、複数のGPUとその他のアクセラレータの利用を可能にします。1つの筐体で、科学的可視化(SV)など複数のリソース集約型ワークロードを処理できます。
  • PowerEdge C8000XDストレージスレッド:40Uのラックスペースに最大1.4倍のローカルストレージを搭載。HPC、Hadoop、ホスティング環境など、柔軟なストレージ拡張を必要とするワークロードに理想的なスレッドです。

 

PowerEdge C8000の画期的な利用
Texas Advanced Computing Center (TACC)では、新しいスーパーコンピュータ「Stampede」でPowerEdge C8000シリーズが提供するパフォーマンスと柔軟性の利点を活用しています。Stampedeは、ペタスケール級のコンピュータサイエンスをサポートするモデルになると期待されているスーパーコンピュータです。

TACCの副所長であるダン・スタンジオーネ(Dan Stanzione)氏は次のように述べています。「TACCのStampedeインフラは、複数GPUを備えた数千台のPowerEdge C8000サーバで構成されており、迅速な学術的発見に貢献します。デルのインフラは、天気予報、気候モデリング、エネルギー探査・生産、新薬開発、新素材の設計・製造、自動車や航空機の効率と安全性向上といった難解なコンピュータサイエンスやエンジニアリングリサーチ分野でデータ集約型の演算や視覚化をサポートするという私たちの使命において、貴重な役割を果たします」

デルのサーバソリューションズ担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネジャーのフォレスト・ノロッド(Forrest Norrod)は次のように述べています。「お客様のニーズは拡大し、非常に大きなワークロードに対応可能な究極のパフォーマンスを提供すると同時に、スペース、消費電力、TCOを抑えるソリューションが求められるようになりました。こうしたニーズに継続的に取り組んできたデルは、IDCの密度最適化サーバ市場シェア調査で首位を獲得しています。そして今日、お客様のニーズに応えて、ハイパースケール環境でこれまでにない柔軟性、パフォーマンス、効率性を提供する共有インフラソリューションを発表します」

 

Dell PowerEdge C8000シリーズ

仕様の詳細はこちら:http://www.dell.com/jp/business/p/poweredge-c8000/pd

出荷開始日:2012年9月20日

最小構成価格:437,062円~

 

*表記の価格は、消費税および配送料を含む最小構成価格です。

*文中に記載している社名・商品名は各社の商標または登録商標です。

読み続ける