Dell Logo

横河電機と米国デルがYOKOGAWA専用モデルPCのグローバル供給契約を締結

シェアする
Copied!

2014年9月10日

デル株式会社

 

横河電機と米国デルがYOKOGAWA専用モデルPCのグローバル供給契約を締結

 

Dell Inc.(本社:米国テキサス州ラウンドロック CEO:マイケル S. デル、以下 デル)は、横河電機株式会社(本社:東京都武蔵野市 代表取締役社長:西島 剛志、以下 横河電機)と、デルのPC製品(以下 PC)の指定機種をYOKOGAWA専用モデルとしてグローバルに供給する契約を8月20日に締結したことを発表しました。横河電機は、この契約に基づき、デルのPCと横河電機の制御システム等を組み合わせて高品質のシステムソリューションを提供します。

 

制御システム分野において、最新のテクノロジを搭載した高パフォーマンスPCの利用が拡大しています。その結果、ヒューマン・マシン・インタフェース機能、上位システム接続機能などに専用機ではなくPCが使われるようになっています。横河電機の顧客の多くは、長期にわたり安定的に稼働する生産制御システムの運用を目指しているのに対して、既成のPCではハードウェア、OS、アプリケーションの頻繁な更新が必要となります。YOKOGAWA専用モデルPCの導入により、頻繁な更新が不要となる高品質のシステムソリューションを提供していきます。

 

横河電機とデルは、統合生産制御システム「CENTUM® VP」、安全計装システム「ProSafe®-RS」、統合機器管理パッケージ「PRM®」、ソリューションパッケージ「Exaシリーズ」などといった横河電機のIA(Industrial Automation)システム関連製品とデルのPCを組み合わせて動作検証を行います。

 

YOKOGAWA専用モデルPCは、国内だけでなくグローバルで提供され、市販品の同等機種に比べ、供給期間が2倍程度となり、また、動作条件、設置条件などに合わせて、形態(ラックマウント型/デスクトップ型)と、搭載OS(サーバOS/クライアントOS)を選択できます。

 

今回のYOKOGAWA専用モデルPCの提供開始により、以下に示すような、より品質の高いシステムソリューションの提供が可能となります。また、システム導入後のメンテナンスコストが削減できます。

  • 安定的な運用:PCとOSには横河電機のIAシステム関連製品との動作検証が行われます。
  • 機種変更回数の削減:同一機種の販売期間が長くなることから、増設や故障時交換の際の機種変更の回数を削減できます。
  • ワンストップのメンテナンスサービス:横河電機がシステム関連製品とPC両方のメンテナンスサービスを提供します。

 

エンドースメント:

横河電機 執行役員 IAマーケティング本部長 伊東 千明

「グローバル市場における競争力の強化、持続可能性の高い経営を求められる製造業においては、ITとIAの融合は大きな経営課題となっています。当社が長年蓄積してきたIA分野の技術、ノウハウと、デルの最新のIT技術、充実したサプライチェーンを最大限に活用しながら、理想の操業“VigilantPlant®”を実現するソリューションをお客様に提供してまいります。」

 

Dell OEMソリューション担当バイスプレジデント ジェネラルマネージャー ジョイス・マレン

「このたび、横河電機様と次世代IAシステム提供に向けたパートナーシップ締結を実現できたことは大変光栄です。今後、横河電機様とデルのエンジニアは共に、コントロールシステムに対するニーズに特化した形で、安定的なPCモデルを供給していきます。」

 

*記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

読み続ける