Dell Logo

デル、最大100GbEのマルチレートスイッチングに対応するオープン・ネットワーキング・スイッチ「Dell Networking Z9100」を発表

シェアする
Copied!

2015年6月9日

デル株式会社

 

デル、最大100GbEのマルチレートスイッチングに対応する

オープン・ネットワーキング・スイッチ「Dell Networking Z9100」を発表

 

デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:郡 信一郎、以下、デル)は、マルチレートスイッチング(10/25/40/50/100GbE)に対応する1RUの固定フォームファクタスイッチ「Dell Networking Z9100」を発表しました。

 

Z9100は、高密度環境で多様なスイッチングレートが求められるクラウド、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、Web2.0アプリケーションなどの要求の厳しいワークロード向けに設計・開発されており、ビッグデータ分析や高パフォーマンス/低レイテンシ性能が求められる環境において、その真価を発揮します。デル調べでは、競合他社の100GbE対応製品と比較した場合、UR単位で約7倍の密度を実現しています。

 

100GbEは、Internet2を利用する組織の間ではすでに活発に利用されるようになり、組織内のデータが急増するにつれて今後もその導入数と高速ポートに対するニーズは増加すると予想されています。

 

「Dell Networking Z9100」は、プロプライエタリなIT環境からオープンな環境への移行を推進するというデルのコミットメントをさらに強化するオープン・ネットワーク・ソリューションです。Z9100は、「Dell Networking OS9」だけでなく、他社製のOSのゼロタッチインストールを可能にするため、ONIE(Open Network Install Environment)をサポートしています。

 

 

Dell Networking Z9100」の主な特徴

 

  • 柔軟性: 10-100GbEまで、マルチレートスイッチングの速度を柔軟に選択でき、投資サイクルを通じて効率的な運用が可能
    • 100GbE:  32ポート(QSFP28)
    • 50GbE:    64ポート(QSFP+)
    • 40GbE:    32ポート(QSFP+)
    • 25GbE:    128ポート(QSFP+)
    • 10GbE:    128 + 2ポート(ブレイクアウトケーブル利用)
    • 1GbE:      専用アダプタによる接続

 

  • オープンネットワーキング: 「Dell Networking OS9」に加えて、Cumulus Networks/Big Switch Networks/IP Infusion/Pluribus/Microsoft/VMware/MidokuraなどのネットワーキングOSやネットワーク仮想化ソリューションも完全サポート

  • 将来を見据えた発展性: 標準テクノロジと高い相互運用性に基づき、OpenFlowやOpenDaylightなどにも対応

 

提供開始について:

  • 「Dell Networking Z9100」は2015年後半に提供開始される予定です。

  

*記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

読み続ける