Dell Logo

Dell EMC、第14世代「Dell EMC PowerEdge」サーバーファミリーの ポートフォリオを拡充 新たに5機種を投入し、より幅広いお客様のニーズに対応

シェアする
Copied!

2018年12月5日

デル株式会社

EMCジャパン株式会社

 

Dell EMC、第14世代「Dell EMC PowerEdge」サーバーファミリーの
ポートフォリオを拡充

新たに5機種を投入し、より幅広いお客様のニーズに対応
~「PowerEdge T140」、「T340」、「R240」、「R340」、「R740xd2」の5機種の販売を開始~

 

2018年12月5日

デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、URL:http://www.dell.co.jp/ )と、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚 俊彦、URL:http://japan.emc.com/ ):(以下Dell EMC)は、本日、世界シェアNo.11サーバーブランド「Dell EMC PowerEdge」 サーバーの新機種を発表しました。今回販売開始したのは、インテル® Xeon® プロセッサー Eファミリー搭載のシングルソケットタワー型サーバー「PowerEdge T140」と「PowerEdge T340」、同ラック型サーバーの「PowerEdge R240」と「PowerEdge R340」、ならびに大容量ストレージに特化した2ソケット2Uラック型サーバー「PowerEdge R740xd2」の計5製品です。

 

近年、お客様は、生産性の向上、技術革新を活用した新たな市場機会の獲得、IT環境の複雑さの軽減など、ビジネス変革をする上で様々なチャレンジに直面しています。Dell EMCは、日本の官公庁・自治体のITシステム満足度調査で1位2に選ばれた「PowerEdge」サーバーのラインナップにさらに5つの新しい製品を加え、お客様が直面している課題に対するより広範な解決策をご提供します。

 

シングルソケットサーバーは、使いやすく設置が簡単で信頼性が高く、お求めやすい価格で導入したいお客様に最適なサーバーです。また 「PowerEdge R740xd2」は、応答時間が高速で、かつ2Uラック型の筐体に最大364TB(最大26台の3.5インチドライブ)が搭載でき、サーバーパフォーマンスとストレージ容量とのバランスが必要なデータ集約型のワークロードに最適です。

いずれのモデルも第14世代「PowerEdge」サーバーの特長である管理プロセッサー「iDRAC9」を標準搭載し、「OpenManage」ポートフォリオによる管理の自動化と強化されたセキュリティ機能が提供されます。特に「Dell EMC OpenManage Mobile」によるスマートフォン経由のシステム監視・管理は、専任のIT管理者がいない中堅中小規模環境の生産性を、飛躍的に向上します。

 

5つの新しい「PowerEdge」サーバーソリューション

  • PowerEdge T140」 使いやすいエントリーレベルの1ソケットミニタワー型サーバーで、簡単に導入と設置が可能です
  • PowerEdge T340」  信頼性が高く、管理が容易でスケーラブルな1ソケットタワー型サーバーです
  • PowerEdge R240  – 設置が簡単な1Uラック型サーバーで、エントリークラスでありながら充実した機能をお求めやすい価格で購入可能です
  • PowerEdge R340」  – 信頼性が高く、管理が容易でスケーラブルな1ソケット1Uラック型サーバーです
  • PowerEdge R740xd2  大規模な内部ストレージとコスト効率の高いドライブ容量により、ストリーミングなどのワークロードに最適です。自動化されたシステム管理と前面から交換可能なストレージによって、データセンターの管理を簡素化します。かつハードウェアレベルおよびBIOSレベルで考慮されたセキュリティ機能は様々な脅威からサーバーを保護します

 

各製品のスペック構成

PowerEdge

T140

PowerEdge

T340

PowerEdge

R240

PowerEdge

R340

プロセッサー 最大1プロセッサー搭載、インテル® Xeon® E-2100 シリーズ(最大6コア)、インテル Pentium® プロセッサー、インテル Core i3® プロセッサー、インテルCeleron® プロセッサー
メモリー 4 x DDR4 2666 MT/s 最大 64GB
ローカル
ストレージ
最大4×3.5” Cabled HDDs,  16TB 最大 8×3.5” Hot Plug SAS/SATA/SSD,

最大 112TB

最大 4x.3.5” Cabled HDD/4×3.5” Hot Plug SAS/SATA/SSD,

最大 56TB

最大 8×2.5”, 4×3.5”  Hot Plug SAS/SATA/SSD,

最大 56TB

 

PowerEdge R740xd2
プロセッサー 最大2 プロセッサー搭載

インテル® Xeon® Scalable プロセッサー

メモリー 16 x DDR4 2666 MT/s 最大 512GB
ローカル
ストレージ
前面: 最大24 x 3.5” SAS/ SATA (HDD) 最大 336TB, または 最大 16 x 3.5” SAS/SATA (HDD) および最大8 x 2.5” SAS (SSD) 最大 285.44TB”

背面: 最大2 x 3.5” SAS SATA (HDD) 最大 28TB または最大2 x 2.5” SAS (SSD) drives 最大 15.36TB

PCIe拡張カード 最大 5 x PCIe Gen3スロット

 

価格と提供について

■価格: 「PowerEdge T140」エントリーモデル: 253,400円(税別、配送料込み)~

■提供開始時期:2018年12月5日

■提供について:デル、EMCジャパンおよび両社のビジネスパートナーから提供します。

 

製品写真:
「PowerEdge T140」:https://www.dellemc.com/content/dam/uwaem/production-design-assets/jp/news/photo-library/PowerEdge_T140.png
「PowerEdge T340」:https://www.dellemc.com/content/dam/uwaem/production-design-assets/jp/news/photo-library/PowerEdge_T340.png

「PowerEdge R240」: https://www.dellemc.com/content/dam/uwaem/production-design-assets/jp/news/photo-library/PowerEdge_R240.png

「PowerEdge R340」:https://www.dellemc.com/content/dam/uwaem/production-design-assets/jp/news/photo-library/PowerEdge_R340.png

「PowerEdge R740xd2」:https://www.dellemc.com/content/dam/uwaem/production-design-assets/jp/news/photo-library/PowerEdge_R740xd2.png

1 出典:IDC Quarterly Server Tracker, 2018Q2 Share by Company : Units, Vendor Revenue

2 出典:日経BPガバメントテクノロジー 2018年秋号 自治体ITシステム満足度調査 2018-2019 PCサーバー部門

 

# # #

デル株式会社について

デルは世界市場トップレベルのシェアを誇るエンドツーエンドのソリューション・プロバイダー、Dell Inc.の日本法人です。 総合 IT ソリューション事業 – パソコン・モバイル端末から基幹システムやクラウドの導入支援、セキュリティサービスに至るまで包括的な IT ソリューションを提供。http://www.dell.co.jp/

 

■EMCジャパン株式会社について

EMCジャパンは、情報インフラの卓越したテクノロジーとソリューションの提供を通して、日本のお客様の情報インフラの課題解決をご支援し、あらゆる規模のお客様のビジネスの継続と成長、さらにビジネス価値の創造に貢献致します。 http://japan.emc.com/

# # #

© Copyright 2018 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.

Dell, EMC, 及びDell, EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

 

読み続ける

関連する投稿

デル テクノロジーズ、成長するエッジ コンピューティングに最適な 「PowerEdge」サーバーの新製品と新機能を発表

2020年6月29日 デル株式会社 EMCジャパン株式会社   デル テクノロジーズ、成長するエッジ コンピューティングに最適な 「PowerEdge」サーバーの新製品と新機能を発表 設置場所を選ばずデータの処理、分析を実現   ニュースの概要 広まるモバイル環境下で、データがリアルタイムに絶え間なくストリーミング生成されるため、データセンター外部のエッジ環境でも対応する不可欠な機能 エッジ環境でもデータセ … さらに読む

プレスリリース一覧 June 29, 2020

デル テクノロジーズ、企業のビジネス変革を加速化するため、 新しいAIリファレンスアーキテクチャーを発表

2020年6月16日 デル株式会社 EMCジャパン株式会社   デル テクノロジーズ、企業のビジネス変革を加速化するため、 新しいAIリファレンスアーキテクチャーを発表   2020年6月16日、東京発 デル テクノロジーズの日本における事業を展開する二社である、デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、URL:http://www.dell.co.jp/ )と、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、URL … さらに読む

プレスリリース一覧 June 16, 2020

デル テクノロジーズ、 自律型インフラストラクチャー「Dell EMC PowerOne」を販売開始

2019年12月5日 デル株式会社 EMCジャパン株式会社   デル テクノロジーズ、 自律型インフラストラクチャー「Dell EMC PowerOne」を販売開始   ニュースの概要 インテリジェンス機能を内蔵した自己運転インフラストラクチャー「Dell EMC PowerOne」が、数千のタスクを自動化し、即時実行可能なリソースの提供を数クリックで実現:ITスタッフは、反復的な作業から戦略的な目標に向け … さらに読む

プレスリリース一覧 December 5, 2019

デル テクノロジーズ、絶え間なく累積し続けるデータ管理に最適な エンタープライズ向けオブジェクト ストレージ 「Dell EMC ECS」の最新版アプライアンス「ECS EX500」および 最新版ソフトウェア「ECS 3.4」を提供開始

2019年11月1日 デル株式会社 EMCジャパン株式会社   デル テクノロジーズ、絶え間なく累積し続けるデータ管理に最適な エンタープライズ向けオブジェクト ストレージ 「Dell EMC ECS」の最新版アプライアンス「ECS EX500」および 最新版ソフトウェア「ECS 3.4」を提供開始   2019年11月1日 デル テクノロジーズの日本における事業を展開する二社である、デル株式会社(本社:神 … さらに読む

プレスリリース一覧 November 1, 2019
さらに読む場合は、こちらをクリックしてください。