Dell Logo

デル・ソフトウェア、大型買収により生まれたデータ保護製品の新ブランド、最先端バックアップ・ディザスタリカバリ製品「AppAssure」を販売開始

シェアする
Copied!

2014年11月5日

デル・ソフトウェア株式会社

デル・ソフトウェア、

大型買収により生まれたデータ保護製品の新ブランド、

最先端バックアップ・ディザスタリカバリ製品「AppAssure」を販売開始

 

  • デルの大型買収で生まれたデータ保護製品の新ブランドが日本に初上陸。データ保護製品のプロダクトを拡充
  • RTO(目標復旧時間)と RPO(目標復旧時点)の時間を短縮、ビジネスのダウンタイムを最小限にするCDP(継続的データ保護)で直近までバックアップ
  • レポート機能、操作性、パフォーマンスの強化により、物理、仮想、クラウド環境にわたってデータを強力に保護 

 

デル・ソフトウェア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:中村 共喜、以下、デル・ソフトウェア)は本日、最新版のオールインワン型バックアップ/レプリケーション/ディザスタリカバリソフトウェアソリューション「AppAssure™ 5.4.2」の販売を開始しました。「AppAssure 5.4.2」は、デル・ソフトウェアの最初の大型買収により生まれた製品であり、デル・ソフトウェアのデータ保護における中核を担う製品のひとつです。本製品は、デル・ソフトウェアのデータ保護の製品ブランドで日本市場においては初めて提供されるもので、画期的なバックアップ製品として海外では数々の賞を受賞しており、世界で数多くのユーザ実績を誇ります。

 

増大した基幹業務データとアプリケーションの保護に追われる組織は、長時間のダウンタイムを回避できる革新的なバックアップ&リカバリソリューションをこれまで以上に求めています。このような顧客ニーズに応え、デル・ソフトウェアの包括的なデータ保護のポートフォリオを一層拡充するために販売開始された 「AppAssure 5.4」 は、最新鋭の継続的データ保護ソリューションです。本製品は顧客固有のビジネスニーズに合わせてバックアップ&リカバリ対策を適応させることができ、お客様のビジネスを強力にサポートします。

 

「AppAssure 5.4」には、レプリケーション機能の強化、パフォーマンスとレポーティングの最適化、より広範なプラットフォームサポ―ト、シンプルなユーザエクスペリエンスなど、数多くのアップグレードが加わっており、最先端のデータ保護を求める顧客ニーズを満たすことができます。

 

「AppAssure」の主な機能は以下のとおりです。

  • Live Recovery: 保護したデータにほぼ継続的にアクセス可能 
  • Recovery Assure: バックアップするデータがリカバリ可能であることを確認
  • Universal Recovery: 単一のファイル、メッセージ、データオブジェクトから、マシン全体(物理または仮想)、さらには異種ハードウェアまで、あらゆるレベルの復元が可能
  • Virtual Standby: 仮想マシンに更新を継続的に送信し、プライマリマシンで問題が発生した場合は、同仮想マシンを起動
  • Cloud Archive: 静的データをMicrosoft Azure、Amazon S3、Rackspace、またはOpenStackベースのクラウドプロバイダにアーカイブ
  • 柔軟なレプリケーションシナリオ: ローカルサイトまたはDRサイトのレプリケーションが可能

 

また、今回の発表するバージョン「AppAssure 5.4.2」は、過去からのバージョンアップとして、レプリケーション機能の強化、パフォーマンスとレポーティングの最適化、より広範なプラットフォームサポ―ト、シンプルなユーザエクスペリエンスなど、数多くのアップグレードが加わっており、最先端のデータ保護を求める顧客ニーズを満たすことができます。

 

本バージョンの拡張機能は以下のとおりです。

レプリケーションの強化: レプリケーションには、多数の機能強化が進められており、ユーザがデータ保護環境を設計するときの制御能力と柔軟性が格段に高まっています。「AppAssure 5.4」 は、マルチターゲット&マルチホップレプリケーションに対応可能となったため、ユーザは、バックアップデータを 1 台の「AppAssure」コアサーバから複数のターゲットサーバにレプリケーションできます。同機能は、マルチティア (多層) 型ディザスタリカバリ戦略を採用している組織とサービスプロバイダにとって特に有用です。また、今回の販売開始では、複数の保持ポリシーを設定可能になりました。例えば、ユーザはオンサイトとオフサイト拠点で別々のポリシーを設定し、オフサイト側のデータ保持期間を延ばすことができます。

 

最適化されたパフォーマンスとレポーティング: 今回の多彩なアップグレードにより、新旧ユーザに、より簡潔明瞭なマネジメントを提供します。「AppAssure 5.4」のユーザインタフェースには直感的に使用できるWebユーザインタフェースが採用されており、様々なWebブラウザ搭載端末から、必要な機能に迅速にアクセスできます。また、「AppAssure 5.4.」バージョンでは、利用可能なメモリ量に応じて、理想的な重複除外キャッシュサイズが自動選択される機能が加わりました。この動的なサイジングにより、構成手順が簡素化され、最適な性能も保証できます。その他の強化機能としては、保護スケジュールテンプレート、夜間マウントチェック、メモリ消費の低減などがあります。

 

より広範なプラットフォームのサポート: 「AppAssure 5.4」は幅広い基幹系システムをサポートしており、これには、VMware ESX 5.5、Oracle VirtualBox、UEFI、RHEL 6.5、CentOS 6.5 が含まれます。

 

AppAssure

「AppAssure」は本日より販売を開始します。デルから直接、またはデル・ソフトウェアの販売代理店から購入が可能です。

発売日:2014年11月5日

価格:220,160円(消費税抜き 初年度保守費用込み)

 

*記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。デルは、その他のマークや名称について、商標上の利権に対する一切の要求に応じる義務を負いません。

読み続ける