デル テクノロジーズ、絶え間なく累積し続けるデータ管理に最適な エンタープライズ向けオブジェクト ストレージ 「Dell EMC ECS」の最新版アプライアンス「ECS EX500」および 最新版ソフトウェア「ECS 3.4」を提供開始

シェアする
Copied!

2019年11月1日

デル株式会社

EMCジャパン株式会社

 

デル テクノロジーズ、絶え間なく累積し続けるデータ管理に最適な

エンタープライズ向けオブジェクト ストレージ

Dell EMC ECS」の最新版アプライアンス「ECS EX500」および
最新版ソフトウェア「ECS 3.4」を提供開始

 

2019111

デル テクノロジーズの日本における事業を展開する二社である、デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、URL:http://www.dell.co.jp/ )と、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、URL:https://www.delltechnologies.com/ja-jp/index.htm):(代表取締役社長:大塚 俊彦、以下、デル テクノロジーズ)は、エンタープライズ向けオブジェクト ストレージ「Dell EMC ECS」の最新版アプライアンス「ECS EX500」および最新版ソフトウェア「ECS 3.4」を提供開始したことを発表しました。

昨今、オブジェクト ストレージに対する情報システム担当者の関心度が急速に高まっています。オブジェクト ストレージとは、従来のストレージとは異なるオブジェクトと呼ばれる単位でデータ ストレージ機能を持ち、取り扱えるファイル数に制約のある階層型ファイル システムとは違い、無制限にデータを格納できる高い自由度を持つフラットなデータ空間をアプリケーションに提供します。このようなオブジェクト ベースのソリューションは、際限なく増加し続けるデータの管理に最適な方法の1つであり、なおかつ従来のIT予算を超えることのない価格を実現します。アプリケーションやWebサイト、ビデオ カメラ、IoTセンサー、その他のソースからのデータが絶え間なく累積していく中で、これらのデータを取り込んで活用できる適切なシステムの選択肢は、これからのITにはきわめて重要です。

「ECS」は、エンタープライズ レベルの技術革新で実績を積み上げてきたDell EMC製品の中でも、より高いスケーラビリティー、管理性、耐久性、および経済性を兼ね備え、企業をはじめとするあらゆる組織の現在および将来のニーズに対応可能なオブジェクト ストレージ プラットフォームです。

 

Dell EMC ECS EX500アプライアンス」

「EX500」は、「EX300」および「EX3000」を含む「ECS」ハードウェア ファミリーの最新モデルです。経済性と高密度を両立させた「EX500」は、「ECS」のポートフォリオに卓越した柔軟性をもたらします。一つのラック内で480TBから4.6PBの範囲で構成をスケールアップ可能です。また、ラックを増設することで、さらなるスケールアップが可能なモダン アプリケーションとディープ アーカイブの両方を含む多様なユースケースを必要とする中堅企業ユーザーからエンタープライズ ユーザー企業を支援します。

「ECS EX500」の主な特長は次のとおりです。

  • 480TB~6PBのラックあたりクラスター
  • フロントアクセス対応、ホットプラグ可能なドライブ
  • デュアル10コア プロセッサーによるパフォーマンスの強化
  • スケールアウト ノード
    • 最大16ノード/ラック
    • 12~24ドライブ/ノード
    • 8TBおよび12TBのディスク オプション
    • すべてのノードで同一のパフォーマンス特性

 

Dell EMC ECSソフトウェア 3.4

デル テクノロジーズは、「EX500」に加えて「ECSソフトウェア」の最新バージョン3.4を同時にリリースしました。「ECS 3.4」は、エンタープライズ レベルのデータの可視性の向上、ストレージ効率性の改善を実現する幅広い強化機能を提供します。

  • エンタープライズ環境を確実にサポート: 高度なSTIG Hardening、外部暗号鍵サーバーと連記による暗号化鍵管理のサポート、アラートのカスタマイズ化、従来のセキュリティー機能の拡張
  • データへの可視性を強化:モニタリング レベルの詳細化およびネイティブなGrafanaとの連携によるデータ視覚化機能を向上。正確な予測の実行および容量に対するアラートへより簡単に対応可能
  • ストレージの効率性が向上:オブジェクトあたりのメタデータのオーバーヘッドを削減し利用可能な容量を増加、よりデータ効率性を向上
  • EX500」を展開:「ECS 3.4」にて「EX500」をサポート。従来の「EXシリーズ」もサポートし、バージョン4以前からアップグレード可能

 

■価格および提供開始時期

「ECS EX500」および「ECS 3.4」」の標準価格は、6,350万円~(標準的な保守・導入作業費用込み、税別)。本日より提供開始。

■提供について:デル、EMCジャパンおよび両社のビジネスパートナーから提供します。

 

■製品画像:

「Dell EMC ECS」:http://www.emcinfo.jp/images/news/dellemc_ecs_rf_beauty-1280×1280.jpeg

 

# # #

デル テクノロジーズについて

デル テクノロジーズ(NYSE:DELL)は、企業や人々がデジタルの未来を築き、仕事や生活の仕方を変革するのを支援する独特なビジネス ファミリーです。同社は、エッジからコア、クラウドまでを網羅した業界で最も包括的かつ革新的なテクノロジーとサービスのポートフォリオをお客様に提供しています。

# # #

© Copyright 2019 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.

Dell, EMC, 及びDell, EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

読み続ける
同様の記事をご覧になりたいですか?

関連する投稿

デル テクノロジーズ、 自律型インフラストラクチャー「Dell EMC PowerOne」を販売開始

2019年12月5日 デル株式会社 EMCジャパン株式会社   デル テクノロジーズ、 自律型インフラストラクチャー「Dell EMC PowerOne」を販売開始   ニュースの概要 インテリジェンス機能を内蔵した自己運転インフラストラクチャー「Dell EMC PowerOne」が、数千のタスクを自動化し、即時実行可能なリソースの提供を数クリックで実現:ITスタッフは、反復的な作業から戦略的な目標に向け … さらに読む

プレスリリース一覧 December 5, 2019

デル テクノロジーズ、ミッドレンジ ストレージ 「Dell EMC SCシリーズ」の最新ファームウェアを発表

2019年10月16日 デル株式会社 EMCジャパン株式会社   デル テクノロジーズ、ミッドレンジ ストレージ 「Dell EMC SCシリーズ」の最新ファームウェアを発表 12カ月で2回目のメジャー アップデート   2019年10月16日 デル テクノロジーズの日本における事業を展開する二社である、デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、URL:http://www.dell.co.jp/ )と、EMCジ … さらに読む

プレスリリース一覧 October 16, 2019

デル テクノロジーズ、データ保護ソリューションの 新製品、機能強化を発表

2019年10月15日 デル株式会社 EMCジャパン株式会社   デル テクノロジーズ、データ保護ソリューションの 新製品、機能強化を発表 新しいデータ保護ストレージ アプライアンスと、データ管理ソフトウェアの機能強化が、エッジからコア、クラウドまでのデータ保護と管理を実現   ニュースの概要 高速かつセキュアで効率的な新しい「Dell EMC PowerProtect DD」シリーズ アプライアンスが、マ … さらに読む

プレスリリース一覧 October 15, 2019

デル テクノロジーズ、業界初となるストレージのイノベーションを実現 「Dell EMC PowerMax」で卓越したパフォーマンスと マルチクラウドの柔軟性を提供

2019年10月10日 デル株式会社 EMCジャパン株式会社   デル テクノロジーズ、業界初となるストレージのイノベーションを実現 「Dell EMC PowerMax」で卓越したパフォーマンスと マルチクラウドの柔軟性を提供 「Dell EMC PowerMax」がストレージにおけるリーダーシップをさらに広げ、 クラウド、自動化、次世代ワークロードの最適化に対する 喫緊のITニーズに応えるソリューションを提供 & … さらに読む

プレスリリース一覧 October 10, 2019
さらに読む場合は、こちらをクリックしてください。
すべてのコメントは管理されています。本サイトに無関係のコメントやサービスに関するリクエスト、宣伝や悪意のあるコメントなどの不適切なコンテンツは公開されません。技術的な質問については、デルのサポートフォーラム、カスタマーサービスまたはテクニカルサポートにお問い合わせください。デルのサポートに問い合わせる。