Dell Logo

Dell SonicWALL SuperMassive E10800、 NSS Labsの2013年侵入防止システムSecurity Value Mapで 格付け「Recommend(推奨)」を2年連続で獲得

シェアする
Copied!

Dell SonicWALL SuperMassive E10800

NSS Labs2013年侵入防止システムSecurity Value Map

格付け「Recommend(推奨)」を2年連続で獲得

 

*米国時間2014年1月14日に発表されたプレスリリースの抄訳版です。

 

 

  • 優れた拡張性とマルチギガビットの侵入防止スループットが評価され、セキュリティ対策の有効性に対して格付け「Recommend(推奨)」を獲得
  • 攻撃者が使用する既知の回避策、検査阻止、フラグメンテーション技術に対する耐性を証明
  • 高性能なセキュリティソリューション – サーバアプリケーションの防御率97.6%、クライアントアプリケーションの防御率92.5%、総合的な保護率94.8%を達成
  • 圧倒的なスケーラブルソリューション– NSS Labsは、実稼働環境を想定して、Dellの標準的な実効転送速度を超える18,044 Mbpsでテストを実施

 

テキサス州ラウンドロック – セキュリティソリューションのリーディングプロバイダであるDellは、SonicOS 6.0と統合侵入防止サービス上で稼働する次世代ファイアウォール(NGFW)であるSonicWALL SuperMassive E10800が、NSS Labsの2013年侵入防止システム(IPS) Security Value Map(SVM)で、昨年に続き格付け「Recommend(推奨)」を獲得したと発表しました。NSS Labsは、ネットワークを保護する最高クラスのセキュリティ製品を求めるIT管理者向けに、セキュリティ製品をテストする独立系の大手専門機関です。本製品が格付け「推奨」を得たことは、NSS Labsが当社の製品に最高レベルの評価を与えたことを意味します。SonicWALL SuperMassive E10800 NGFWは、Network Intrusion Prevention methodology v7.2に基づき、実稼働環境を想定した侵入防止システムの総合テストで圧倒的な成績を収めました。

SonicWALL SuperMassive E10800は、今回のテストで、サーバアプリケーションに対する攻撃の97.6%、クライアントアプリケーションに対する攻撃の92.5%を阻止し、総合的な保護率94.8%を達成しました。Dellは本製品を転送速度12 Gbpsで評価していますが、NSS Labsは実稼働環境を想定して18 Mbpsでテストしました。さらに、本製品は攻撃者が使用するあらゆる回避策を効果的にブロックしました。

Dell Connected Security製品の次世代ファイアウォールシリーズ「Dell SonicWALL SuperMassive E10000」は、各種アプライアンスやGUI、配置などの複雑な管理に煩わされることなく、大企業、政府機関、大学が簡単に使用できるように開発された高度なファイアウォールと侵入防止システムです。本製品は、Dellが特許を取得したReassembly-Free Deep Packet Inspection®エンジンを搭載しており、ネットワーク各層に対する、従来型の攻撃を隠蔽する回避策を完全に検出して防止します。あらゆるポートとプロトコルを対象として、着信・発信トラフィックの各パケットに含まれるSSLで暗号化されたデータやプレーンテキストをバイト単位で監視します。

本製品は、優れたセキュリティ機能に加えて、高度なコンテキスト認識機能を備えており、侵入が検出された場所、ユ―ザーとアプリケーションの識別を可視化します。文字列やクレジットカード番号などを指定すれば、カスタムコンテンツとして、文書やコンテンツも監視できます。SonicWALL SuperMassive E10000シリーズは、インラインのBITW(bump-in-the-wire)モードで配置すると、ネットワーク構成を変更する複雑な作業を伴わずに、既存のネットワークにセキュリティレイヤを追加できます。ネットワーク境界に配置すれば、IPSなどのセキュリティ機能を追加して、ネットワークを統合して容易に使用できるため、総所有コスト(TOC)を低減することも可能です。

 

引用

NSS Labs

NSS Labsレポートより: 「Dell SonicWALL SuperMassive E10800は、あらゆる回避テクニックを効果的にブロックしました。その結果、本製品はサーバアプリケーションに対する攻撃の97.6%、クライアントアプリケーションに対する攻撃の92.5%を阻止し、総合的な保護率94.8%を達成しました。Dell SonicWALL SuperMassive E10800は、実効転送速度12 Gbpsで評価されていますが、当社は、さらに条件を厳しくして、18,044 Mbpsでテストしました。

 

Patrick Sweeney氏(エグゼクティブディレクタ、セキュリティ製品管理担当)

「当社は、ネットワーク保護、侵入防止、ネットワーク性能のバランスを取り、拡張性に優れた高性能なネットワークセキュリティソリューションを提供することを目的として、長年にわたり研究開発を続けて、次世代ファイアウォール「SonicWALL SuperMassive E1080」を開発しました。この度、NSS Labsから格付け「Recommend(推奨)」を頂いたことは誠に光栄です。」

 

*記載されている会社名および製品名は、デルの登録商標または商標です。

 

デル株式会社

デル株式会社は、米国デル社(NASDAQ: DELL)の日本法人として1989年設立。デルは、お客様の声に耳を傾け、お客様のビジネス拡大に貢献する革新的なテクノロジーとサービスを提供するソリューションプロバイダーです。本社所在地は神奈川県川崎市、ほか東京、大阪、宮崎に事業所があります。社員数は1,800人(2013年2月現在)です。

 

デル・ソフトウエア:

デル・ソフトウエアはすべての企業にスケーラブルでシンプルなソリューションを提供し、企業の成長をテクノロジーの力によって支援します。デル・ソフトウエアのソリューションのポートフォリオは、データセンター&クラウド、 情報管理、モバイル・ワークフォース管理、セキュリティ、データ保護の5つです。デルのソフトウエアとハードウエアとサービスのコンビネーションがお客様を助け、複雑なITをわかりやすくし、リスクを低減しビジネスにおける結果をだしていくことをサポートしていきます。

デルソニックウォールは、Dynamic Security for the Global Network(安全なグローバルネットワークの実現)というビジョンのもと、脅威の進化に適応した先進的でインテリジェントなネットワークセキュリティとデータ保護ソリューションを開発しています。デルソニックウォールのセキュリティソリューションは、アプリケーションの可視化およびコントロール、不正侵入やマルウェアによる攻撃などからネットワークを保護し、世界中の小規模、大規模ユーザから大きな信頼を得ています。

 

本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先:

デル株式会社 広報室  川中 良之

電話: 044-388-6283(直通)    email: [email protected]

デル株式会社 広報代理店 共同PR株式会社 担当:小野寺/水谷

電話:03-3571-5236 FAX:03-3574-9364 email:[email protected]

読み続ける

関連する投稿

さらに読む場合は、こちらをクリックしてください。