Dell Logo

デル、Dell Storage SCシリーズにおいてTLC 3D NANDテクノロジ SSD搭載モデルを提供開始

シェアする
Copied!

2015年9月1日

デル株式会社

デル、Dell Storage SCシリーズにおいて
TLC 3D NANDテクノロジ SSD搭載モデルを提供開始

~最新のフラッシュドライブテクノロジにより、
HDD構成と同価格水準で劇的なパフォーマンス向上を実現~

 

デル株式会社 (本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、以下デル) は、本日、業界に先駆け、高度な自動階層化機能を備えた共有ストレージ「Dell Storage SCシリーズ(以下SCシリーズ)」に、新たにTLC 3D NANDテクノロジSSD搭載モデルを加え、提供開始することを発表しました。 TLC SSDモデルのストレージ容量は、480GB/ 960GB/1.9TB/3.8TBの4種をラインアップしています。

 

SCシリーズには、エントリー・レベルの「SCv2000」からエンタープライズレベルの「SC4020」、「SC8000シリーズ」があり、全モデルに実装されているインテリジェント機能により、高速フラッシュSSD (SLC)、低速フラッシSSD(TLC又はMLC)、及びHDDの間でデータの自動階層化を行います。
使用頻度の高いデータを高パフォーマンスの高速フラッシュSSDで処理し、使用頻度の低いデータは大容量の低速フラッシュSSD及びHDDに格納することから、予算を抑えながらも容量を犠牲にすることなく、大量のデータ処理を行うワークロードのコスト・パフォーマンスを最大化します。

 

デルは、HDD搭載ストレージと同等の価格でオールフラッシュストレージ構成の提供を実現するという戦略的アプローチを展開しており、TLC SSD搭載モデルによって、その取り組みをさらに加速させていきます。
–         新モデルは、15K HDD搭載モデルと比較した場合、書き込み性能で24倍、読み取り性能では8倍ものパフォーマンス向上*を実現します。
–         さらに、TLC SSDを読み出し重視 (RI: Read-Intensive)階層に利用した場合、従来のRI階層と比較して、50%のコスト削減*を可能にしています。
–         3.8TB構成モデルを採用することにより、従来のRI階層と比較して、そのディスク容量は2倍に拡大しています。また、SC8000では最大3PBのオールフラッシュ構成をサポートします。
*パフォーマンス・容量比較・コスト削減比率はデルによる独自テストに基づく

 

TLCモデル対15K HDD構成比較

 

Dell Storage SC2020(1Gb iSCSI、オプションライセンスなし)
*記載している販売価格は税抜、配送料・保守料金込みの金額です。
*32k-64k、読込:書込=70:30

 

SC8000+SC220(1Gb iSCSI、ベースライセンスのみ)

*記載している販売価格は税抜、配送料・保守料金込みの金額です。
*32k-64k、読込:書込=70:30

Dell Storage SCシリーズ

TLC 3D NANDテクノロジSSD搭載モデル
【提供開始日】      
2015年9月1日(火)~

【最小構成価格】
*表記の価格は、税抜、配送料・保守料金込みの金額です。

・SC8000
885万円
 構成:   ネットワーク:  iSCSI 1G
      ストレージ:   SSD 480GB x 6
      製品ページ:http://www.dell.com/jp/business/p/dell-compellent-sc8000/pd

 ・SC4020 430万円 ~ 
 構成:   ネットワーク:    iSCSI 10G
      ストレージ:      SSD 480GB x 6
      製品ページ:http://www.dell.com/jp/business/p/dell-compellent-sc4020/pd

 ・SCv2020 360万円
 構成:   ネットワーク:  iSCSI 1G
      ストレージ:     SSD 480GB x 7
      製品ページ:http://www.dell.com/jp/business/p/storage-sc2000/pd

 

*記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

読み続ける