Dell Logo

デル テクノロジーズ、 「Enterprise SONiC Distribution by Dell Technologies」を発表

シェアする
Copied!

2020年6月8日

デル株式会社

EMCジャパン株式会社

 

デル テクノロジーズ、

Enterprise SONiC Distribution by Dell Technologies」を発表

オープンソース ネットワーキングのメリットを最大活用して
データセンターの自動化と簡素化を実現
エンタープライズ対応の機能および大規模環境向けのグローバル サポートを提供

 

ニュースの概要

  • デル テクノロジーズ、オープンソース コミュニティーでの経験を基盤に、新しいエンタープライズ レベルの機能およびワンストップのグローバル サービス&サポートで、オープンソースの革新的なパワーをさらに強化
  • テスト/検証済みで文書化されているハードウェア/ソフトウェア/管理アプリケーションが、今日のワークロードとアプリケーションのニーズに対応

 

202068日、東京発

デル テクノロジーズの日本における事業を展開する二社である、デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、URL:http://www.dell.co.jp/ )と、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、URL:https://www.delltechnologies.com/ja-jp/index.htm ):(代表取締役社長:大塚 俊彦、以下、デル テクノロジーズ)は、「Enterprise SONiC Distribution by Dell Technologies」を発表しました。これは、大規模に展開しているデータセンターの運用管理をモダナイズ(最新鋭化)および簡素化できる、完全にサポートされたオープンソース ネットワーキング ソリューションのセットです。

 

現在、モダン ハイブリッド クラウド モデルに対する企業の依存度が高まっています。このような状況において、ネットワーキングに対する従来のアプローチは、固有のテクノロジーに依存しており、柔軟性に欠け、非効率性や複雑性を高める原因になっています。デル テクノロジーズは、Microsoft社がSONiC(Software for Open Networking in the Cloud)オープンソース プロジェクトの一環として先頭に立って進めている作業に沿う形で、新しいソリューション セットを構築しました。デル テクノロジーズの「Enterprise SONiC Distribution」は、「Dell EMC PowerSwitch」オープン ネットワーキング ハードウェアのDNAにSONiCを組み込むことで、オープン スタンダードに基づくアプローチで複雑さを排除しながら、俊敏で柔軟なネットワークを実現します。

 

クラウド プロバイダーおよび大企業は、「SONiC Distribution」に対するデル テクノロジーズのコマーシャル グレードのサポートによって、実際の稼働環境でテスト済みの新たなレベルのツール、サービス、サポートを活用することができます。以前であれば、これらはすべて、社内のテクノロジー サポート チームに対して多額の投資を必要とするものでしたが、デル テクノロジーズは、エンタープライズ レベルの高度な機能とともに、あらゆる側面を網羅したフルスタック ソリューションのサポートを提供します。

企業は、デル テクノロジーズが提供するオープン ネットワーク オペレーティング システムの幅広い選択肢によって、自社の優先事項に合わせて最適なハードウェアとソフトウェアのプラットフォームを選択することができます。また、サポートやセキュリティー、自社IT環境への容易な統合性などを一切損なうことなく、オープンソースの革新的な環境のメリットを最大活用することができます。

 

価格および提供開始時期

■価格:個別見積もり。本日より提供を開始します。

提供について:デル、EMCジャパンおよび両社のビジネスパートナーから提供します。

# # #

■デル テクノロジーズについて

デル テクノロジーズ(NYSE:DELL)は、企業や人々がデジタルの未来を築き、仕事や生活の仕方を変革することを支援します。同社は、データ時代における業界で最も包括的かつ革新的なテクノロジーとサービスのポートフォリオをお客様に提供しています。

# # #

© Copyright 2020 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.

Dell Technologies, Dell, EMCおよびDell EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

読み続ける