デル テクノロジーズ、2019年の予測を発表 - より多くのデータとより多くのIT需要 – データの時代に期待されるもの

シェアする
Copied!

当資料は、デル テクノロジーズが、2019年のIT業界に影響を与える大きなトレンド、変化、課題に対する予測をまとめたブログの抄訳版です。https://www.delltechnologies.com/ja-jp/perspectives/2019ctopredictions/

2018年12月18日
デル株式会社
EMCジャパン株式会社

デル テクノロジーズ、2019年の予測を発表
より多くのデータとより多くのIT需要データの時代に期待されるもの

 

2018年12月18日

CTO(最高技術責任者)の仕事は、おそらく企業において最も「クール」な仕事ではないでしょうか ―― CTOは最終的にさまざまな役割を担いますが、そのうちの1つが、テクノロジーにおける次の大きなブレークスルーがお客様にどのようなチャンスをもたらすのかを予測することです。昨年一年間を通じて多くの革新的な技術が次々に登場しましたが、中でも社内やお客様との会話の中で最も多く話題となったのは、AI(人工知能)とマシンラーニング(機械学習)、5G、クラウド、VR(仮想現実)とAR(拡張現実)、ブロックチェーンでした。テクノロジー好きにとっては素晴らしい時代ですが、実際のところ真剣に考えなければならないのは、これらのテクノロジーが私たちとお客様にとってどのような意味を持っているのかということ、またこれらのテクノロジーがもたらすメリットをお客様が活用できるようにするために、どのような準備を整える必要があるのかということです。この疑問への簡単な答え、それは「データの時代」に利用できるすべてのデータ資産のメリットを活用するためには、デジタル トランスフォーメーションが不可欠であるということです。

2019年を目の前に、さらにその先・・・2030年に向けた歩みを考える中で、次の12カ月が何をもたらしてくれるのか、大きな期待を寄せています。来る2019年について、デル テクノロジーズは「2019年の予測」を発表しました。ここでは、2019年にこれらの最新の技術革新が意味するところを、さらに深く掘り下げたいと思います。

 

データ予測からマルチクラウドアプローチの必要性が明確に ―― モダン データセンターが変化

エッジにおけるデータの増加、またAIおよびマシンラーニングのワークロードをサポートする大規模かつ強力なリアルタイムのコンピュートへのニーズの高まりによって、データセンターの分散化が本格的に進められています。マルチクラウドおよびハイブリッド クラウドの導入モデルはさらに進化し、クラウド コンピューティング機能はデータ ジャーニーのあらゆるレイヤーに広がっていき、各レイヤーで固有のニーズに対応していくでしょう。このようなエッジに近い部分のシフトによって、コア外部のアナリティクスやデータ管理をオンプレミス クラウドの拡張としてサポートするでしょう。パブリック、プライベート、ハイブリッドの組み合わせが新たな標準になり、マルチクラウドが現実化すると考えられますが、現在は大規模なパブリック データセンターから最適化した特化型エンタープライズ データセンター、リアルタイム エッジ クラウド、さらにマルチクラウドITモデルに統合されるインテリジェントなエンド デバイスまで、広く分散されています。

 

AIとマシンラーニングが、人だけでなくマシンについても近年最大の生産性向上をリード

AIおよびマシンラーニング アプリケーションは、テクノロジーと人の複雑さを軽減することでユーザー エクスペリエンスを強化し、変革するでしょう。人が行う作業とマシンが行う作業の境界も変化し、すべての企業とシステムによる「考える」作業の多くがマシンインテリジェンスによって促進されるでしょう。今後もAIとマシンラーニングは流入するデータを活用して優れた効率と知見を引き出し、私たちが日々利用しているアプリケーションとデバイスの両方を最適化するでしょう。パソコンは、利用パターンに基づいて消費電力需要を予測できるようになり、アプリケーションは引き続きユーザーの優先基準と行動を学習することで、よりパーソナライズしたエクスペリエンスを提供します。大規模エンタープライズ システムでさえもAIとマシンラーニングによって高度なオートメーションとインテリジェンスを促進し、利用可能なデータ量がPB(ペタバイト)規模からEB(エクサバイト)、さらにZB(ゼタバイト)規模へと急増するのに伴い、ユーザーは知見の収集やデータに基づく戦略的判断を簡単に行えるようになります。Gartner 社は、AIによる拡張環境が2021年には2兆9,000億ドルのビジネスバリューを生み出し、62億時間にのぼる労働者の生産性を埋め合わせるだろうと予測しています。

 

John Roese対談ビデオ: 
革新と研究開発を推進するためにAIをどのように使うべきでしょう?

https://youtu.be/4D_9g52prDY

 

5Gによってデータ、Webアプリがスピードアップし、ソフトウェアデファインドITへのシフトを加速化

5Gは、2019年の多くの予測の中で言及されていますが、5GによってソフトウェアデファインドIT戦略の必要性がかつてないほど高まっていることは、あまり知られていません。5Gには、ソフトウェアデファインド ネットワークおよび新たな分散型のコンピュート モデルが必要です。最終的に、すべてのデータを管理、分析、格納、保護すると同時に高速かつ大規模に伝送できるようにするため、フルスタックのソフトウェアデファインド データセンターでサポートする必要があります。必要に応じて新しいソフトウェア コードやAPIを迅速に適用するため、企業には5Gインフラストラクチャーを簡単かつ機敏に管理する能力が求められます。オートメーションとインテリジェンスも不可欠で、この部分こそスケーラブルなNVMe ファブリックとSD-WANを実装したソフトウェアデファインドITが価値を発揮するところです。

5Gの低レイテンシな高帯域幅データはARとVR、ゲーム、IoTのモバイルアプリをサポートする強力なビジュアル エクスペリエンスを提供し、エッジにおけるコンテンツへのニーズの高まりを後押しするでしょう。さらに、特定のOSやデバイスに依存しない進歩的なWebアプリが登場し、より幅広い場所、より幅広いユーザー層に高精細(HD)エクスペリエンスをもたらすでしょう。

 

ARVRが、ビジネスシーンへこれまで以上に多くのオンサイト ラーニングとクリエイティビティ創造性をもたらす

2018年におけるARとVRの飛躍的な進歩によって、これまで以上に没入的で強化されたビジュアル エクスペリエンスが実現しました。その結果、2019年はビジネスシーンにおけるAR/VRの導入が増加するでしょう。オンサイト トレーニングの実現やエッジにおけるデータへのリアルタイム アクセス能力によって、一定の取引環境や業界におけるスキルギャップを埋められるだけでなく、従業員がオフィスに縛られることなく最高のパフォーマンスを発揮するためのより自由な環境を提供できるようになります。さらに、従業員はAR/VRエクスペリエンスを通じてリアルタイムにコラボレーションし、創造性を発揮できるようになります ―― あたかもすべての従業員が物理的に同じ場所で働いているかのような、仮想環境を確立できます。

AR/VRについて最も重要なイネーブラー(実現技術)のトレンドになるのはユーザー インターフェイスではなく、AR/VRの完全な没入体験の実現に欠かせないデータ、処理能力、パフォーマンスを提供する、データセンターおよびクラウド インフラストラクチャーの高度化した機能になるでしょう。これは、AR/VRがスタンドアロンのエクスペリエンスであるという考え方から、モダン データセンターのAIがもたらす知見、また拡張しているデータプールなどの高度な機能を提供するプレゼンテーション インターフェイスであるという認識へのシフトの前兆となるでしょう。

 

招待式のミーティングから、新たな形のコラボレーションが発生

どんな僻地からでもオンライン接続して生産性を発揮できるようになった今日、「9時から5時まで」という概念が雲散霧消して久しいですが、いつ、どこに集まるという点については、依然として予定表に基づく招待がベースになっています。しかし、新しいコラボレーション ツールを通じてビデオ会議でファイルをリアルタイムに共有し、海外の同僚ともすぐにコミュニケーションを取ることができるようになったことで、この状況も一変しつつあります。2019年は、Webベースのコラボレーション ツールを導入する企業が増加するとともに、進化するWi-Fi接続とコンピュート パワーのメリットをさまざまなデバイス テクノロジーが活用することで、企業間のコラボレーションが進化・発展し、より多くのことをより迅速に協力して実行し、より優れた成果を挙げることが可能になるでしょう。

 

ブロックチェーンによる連鎖反応

ブロックチェーンがどのように利益をもたらすのかについて企業が検討を続けている中、依然としてIT分野ではブロックチェーンが話題となっています。これからも、今すぐ導入することに価値があるかどうか、また自社のサプライチェーンや金融取引のセキュリティーと信頼を高めることになるかどうかを多くの企業が検証していくでしょう。すぐに導入することが自社にとって適切かどうか、またブロックチェーンをサポートする適切なインフラとシステム、サービスを社内に確立できているかどうかを企業が判断していく中で、2019年はブロックチェーンの実践的な導入の形成期になるでしょう。私たちの考え方は成熟度を増し、分散型の台帳が有用なツールであることを理解するようになりました。この環境では、分散環境の信頼性とデータの不変性が最も重要な要素となります。これが、結果としてこの新しいテクノロジーのよりターゲットを絞った役立つアプリケーションにつながります。

「データの時代」へと歩みを進めていく中、2019年はテクノロジー好きの人たちだけでなく消費者にとっても、間違いなくエキサイティングな年になるでしょう。2019年、またさらにその先について、テクノロジーによって私たちはどこへ向かっていくのかを詳細に検証する、デル テクノロジーズのイノベーションの啓発者たちのブログをぜひご覧ください。

 

執筆者:
Dell EMC プレジデント 兼 CTO ジョン ローズ(John Roese)

Dell クライアント イノベーション担当シニア バイスプレジデント グレン ロブソン(Glen Robson)

 

■デル株式会社について

デルは世界市場トップレベルのシェアを誇るエンドツーエンドのソリューション・プロバイダー、Dell Inc.の日本法人です。 総合 IT ソリューション事業 – パソコン・モバイル端末から基幹システムやクラウドの導入支援、セキュリティサービスに至るまで包括的な IT ソリューションを提供。http://www.dell.co.jp/

 

EMCジャパン株式会社について

EMCジャパンは、情報インフラの卓越したテクノロジーとソリューションの提供を通して、日本のお客様の情報インフラの課題解決をご支援し、あらゆる規模のお客様のビジネスの継続と成長、さらにビジネス価値の創造に貢献致します。 http://japan.emc.com/

# # #

© Copyright 2018 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.
Dell, EMC, 及びDell, EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

 

読み続ける
同様の記事をご覧になりたいですか?

関連する投稿

Dell EMC、最新のオールフラッシュストレージ「Dell EMC Isilon F810」と、管理ソフトウェア「Dell EMC ClarityNow」を発表

2019年2月28日 デル株式会社 EMCジャパン株式会社   Dell EMC、最新のオールフラッシュストレージ「Dell EMC Isilon F810」と、 管理ソフトウェア「Dell EMC ClarityNow」を発表 卓越したパフォーマンスと柔軟性を実現する「Dell EMC Isilon F810」と、データセンターおよび クラウド上の非構造化データへの可視性、コントロール、モバイル性を提供する 「De … さらに読む

Dell Japan 3 February 28, 2019

「Dell EMC Data Domain」および「Dell EMC IDPA」のデータ保護機能を拡張

2019年2月25日 デル株式会社 EMCジャパン株式会社   「Dell EMC Data Domain」および「Dell EMC IDPA」のデータ保護機能を拡張 より低コストでパワフルなデータ保護機能によって、マルチクラウド環境における データ保護と管理を強化   ニュースの概要  最高クラスのデータ保護アプライアンスの絶え間ないイノベーションと強化を実現 Cloud Tier、Cloud Disaster R … さらに読む

Dell Japan 3 February 24, 2019

Dell EMC 、約800社の中堅企業を対象にした「IT投資動向調査」の最新結果を発表

  2019年2月19日 デル株式会社   Dell EMC 、約800社の中堅企業を対象にした「IT投資動向調査」の最新結果を発表 IT人材不足の深刻化が継続し、大幅に進むゼロ・ひとり情シス化(対前年比+7%) さらに6割の情シス担当が他業務との兼任化であることが浮き彫りに   2019年2月19日 デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、URL:http://w … さらに読む

Dell Japan 3 February 18, 2019
さらに読む場合は、こちらをクリックしてください。
すべてのコメントは管理されています。本サイトに無関係のコメントやサービスに関するリクエスト、宣伝や悪意のあるコメントなどの不適切なコンテンツは公開されません。技術的な質問については、デルのサポートフォーラム、カスタマーサービスまたはテクニカルサポートにお問い合わせください。デルのサポートに問い合わせる。