Dell Logo

ITをモダナイズ(最新鋭化)する デル・テクノロジーズのイノベーション エンジン「10の要素」

シェアする
Copied!

当資料は、2020年10月21日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。

 

2020年10月21日

デル・テクノロジーズ株式会社

 

ITをモダナイズ最新鋭化する

デル・テクノロジーズのイノベーション エンジン「10要素」

 

ニュースの概要

  • デル・テクノロジーズ、全世界の従業員の90%をリモートワークにシフトしながら、エッジ、コア データセンター、パブリック クラウドを網羅するPCおよびITインフラストラクチャーの最新イノベーションを提供
  • 「Dell EMC PowerStore」「Dell EMC PowerScale」「Dell EMC PowerFlex」のインフラストラクチャー ポートフォリオをモダナイズ(最新鋭化)
  • 企業がハイブリッドクラウドの可能性を拡大するため、「Dell Technologies Cloud」とエッジ環境向けに高耐久性を誇るハイパーコンバージド インフラストラクチャー(HCI)「Dell EMC VxRail」を提供
  • 絶え間なく変化し続けているビジネス環境に関係なく、お客様をサポートし、その成長を後押し

 

20201021日、テキサス州ラウンドロック発:

この10年間、あらゆる規模の企業が、接続されたデジタル社会を受け入れてきました。私たちの働き方や学び方の環境がますます分散化するにつれ、さらに劇的な変化が進んでおり、いまや自宅がオフィスや教室となっています。デル・テクノロジーズは、よりコネクテッド(オンライン化)で、データ集約型の分散環境という未来を現実のものとするためのイノベーションを提供しています。

デル・テクノロジーズのバイスチェアマン兼COO(最高執行責任者)、ジェフ クラーク(Jeff Clarke)は、次のように述べています。「企業にとって、今ほどデジタル トランスフォーメーション(以下、DX)戦略が重要な時代はありません。今、私たちの目の前で世界中の企業、社会、コミュニティーが変化しつつあります。私たちは製品とソリューションを設計して、高度に自動化され、インテリジェントで、安全で、レジリエンシー(回復力)であるITをビジネスに提供します」。

 

DXを実現するイノベーション エンジン

デル・テクノロジーズは、お客様がレジリエンシーを高め、未来に向けた準備を整えることをサポートします。この5年間にデル・テクノロジーズが投資してきた研究開発費は、180億米ドルを超え、2019年には全米16位となる数の特許を取得しています。今年、デル・テクノロジーズは、グローバルチームの90%をリモートで作業するようにシフトする一方で、多くのイノベーションを導入し、第2四半期には、as-a-Serviceと柔軟な消費経常収益で前年比30%の成長を実現しました。ここで、10の重要な要素を紹介します。

 

  1. PowerStore」を全世界にリリースしました。「PowerStore」は、自動化、次世代ストレージ メディア、新しいソフトウェア アーキテクチャーを独自に統合したストレージ システムです。「PowerStore」のユーザー企業はすでに数百社に上り、うち20%はデル・テクノロジーズのストレージを初めて導入しました。
  2. 非構造化ストレージの新たな基準となるストレージ ファミリー「PowerScale」や、企業のクリティカルなワークロードにエンタープライズ クラスのパフォーマンスとレジリエンシーを提供するソフトウェア デファインド ストレージ ソリューション「PowerFlex」を発表しました。
  3. 「Dell Technologies Cloud hybrid cloud」の機能強化によって、お客様はスピード、一貫性、規模、セキュリティー、コスト削減効果を備えながら、パブリック、プライベート、エッジ クラウド環境を、管理することが可能になりました。
  4. クラウド能力をさらに広げる「Dell Technologies Cloud PowerScale for Google Cloud」をリリースしました。スケールアウトNAS「PowerScale」とGoogle Cloudのアナリティクスとコンピュート サービスを組み合わせ、要件が求められるワークロードをサポートします。
  5. デル・テクノロジーズは、モダン アプリケーション開発のサポートを通じ、完全に統合されたTanzuポートフォリオ*1を提供する唯一のHCIである「VMware Tanzu on Dell EMC VxRail」を使用してKubernetesの短期間での導入を支援しています。また、Kubernetesを大規模に実行するための最良の環境を提供する「Dell Technologies Cloud Platform」に加え、ワークロードのエンドツーエンドの管理と保護を実現する「Dell EMC PowerProtect Data Manager」を発表しました。
  6. Enterprise SONiC Distribution by Dell Technologies」をリリースしました。これは、クラウド レベルの大規模データセンター環境を対象に、完全にサポートされた新しいオープンソース ネットワーキング ソリューション セットです。
  7. お客様がエッジから最大の価値を引き出せるよう支援するため、テクノロジー プロバイダーおよびサービス プロバイダーのグローバル ネットワークとの協業環境を拡張しました。また、卓越した耐熱性と耐衝撃性を備えた「VxRail」と、エッジの分析アプリケーションにパフォーマンスとセキュリティーを提供するコンパクトで頑丈な「PowerEdgeXE2420」サーバーを発売しました。
  8. 「Dell EMC Ready Solution」は、GPUリソースへのセルフサービス アクセスで、AIワークロードの簡素化とスケールアップにより、「AI anywhere(AIをあらゆる場所に)」環境を実現します。

 

  1. VMware Carbon Black Cloud Audit and Remediationとともに提供する「Dell SafeBIOS Off-Host Verification」は、勤務場所に関係なく、IT部門およびセキュリティー部門に「Dell PC」へのアクセスと可視性を提供し、BIOSのヘルスチェックを行うことが可能になります。

 

  1. 業界で最もインテリジェントかつ安全*2で、最もサステナブル*3法人向けラインアップと、業界初の5G対応インテル搭載ビジネスPCによってPCポートフォリオを拡大しました。また、モバイル プロフェッショナルに超高速5G*4スピードと信頼性の高い接続性を提供しました。

デジタルの未来を形作る

デル・テクノロジーズのお客様は、社会とビジネスを向上するため、私たちのテクノロジーとサービスを採用しています。

 例えば、イタリアのピサ大学は、ハイパフォーマンスコンピューティングのパイオニアで「PowerStore」および「PowerScale」ストレージのユーザーです。COVID-19危機の最中に、デル・テクノロジーズは同大学のオールフラッシュ機能を強化し、近くのサンタ・キアラ病院のCOVID-19研究をサポートすると同時に、AIベースの化学研究プロジェクトやトスカナ地方の都市、管理当局、病院へのマルチクラウド共有サービスをサポートできるようにしました。

薬物転用分析のイノベーターであるMedacist社は、最近、ヘルスケア情報システムからデータを取り込んで分析し、異常を識別して薬物転用を検出するAIを利用したプラットフォームであるGenesisと呼ばれるSaaSベースの製品を発表しました。Medacist社は、「PowerEdge」サーバー、「PowerScale」ストレージ、ストレージ監視用の「CloudIQ」、および「PowerProtect DD」を使用して、データ計算時間を24時間から5分に短縮することができました。

 

未来のイノベーションに向けた情報を提供

2020年上半期、企業のCIO(最高情報責任者)はIT支出の見直しを迫られました。専門家によれば、2020年の企業のIT支出は3兆4,000億米ドルとなる見込みです。2020年の「Dell Technologies Digital Transformation Index(デジタル トランスフォーメーション インデックス、DT Index)」の調査結果では、ビジネスを取り巻く現在の状況によって、企業におけるテクノロジー導入がスピードアップしていることが明らかになっています。わずか数カ月の間に企業の80%が、少なくともいくつかのDXプログラムを加速させています。

ジェフ・クラークは、さらに次のように述べています。「2020年、世界は、困難で不確かな年を乗り越えてきました。そのため、テクノロジーがかつてないほど重要さを増し、大きな影響力を持っていることが明白になりました。2020年、企業がこれからの10年間を形作るさまざまなテクノロジーの導入が増えてきた事実を目の当たりにしてきました」。

その他の情報源

 

*1   TKGIを利用したリファレンスアーキテクチャと、vSphere withTanzuと統合されたクラスターおよびクラウド製品に基づく。

*2   デル・テクノロジーズ社内分析に基づく(2020年1月)。詳細は、https://www.dellemc.com/endpointsecurity をご覧ください。

*3   「Dell Precision」「Latitude」「OptiPlex」ポートフォリオのEPEAT ゴールド認証を含め、デザイン、製造、パッケージング、製品ライフサイクル メンテナンス、数多くのエコラベル認証に基づく(2020年5月現在)。

*4   2020年8月のビジネスPCのデルの分析に基づく。5Gモジュールはオプションであり、購入時に選択する必要があります。4Gおよび3Gの下位互換性。実際の速度は、通信事業者のネットワーク、ユーザー、場所、その他の要因によって異なります。サービス プロバイダーのサブスクリプションとカバレッジエリアによって異なります。追加料金が適用されます。詳細については、サービス プロバイダーにお問い合わせください。

# # #

■デル・テクノロジーズについて

デル・テクノロジーズ(NYSE:DELL)は、企業や人々がデジタルの未来を築き、仕事や生活の仕方を変革することを支援します。同社は、データ時代に向けて、業界で最も包括的かつ革新的なテクノロジーとサービスのポートフォリオをお客様に提供しています。

# # #

© Copyright 2020 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.

Dell Technologies, Dell, EMCおよびDell EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

 

VMware、TanzuおよびCarbon Blackは、VMware, Inc又はその関連会社の米国およびその他の国における商標または登録商標です。

読み続ける

関連する投稿

デル・テクノロジーズ、デルの個人向け製品を対象に “BLACK FRIDAY第二弾およびファイナル”を開催

2020年11⽉25⽇ デル・テクノロジーズ株式会社   デル・テクノロジーズ、デルの個人向け製品を対象に  “BLACK FRIDAY第二弾およびファイナル”を開催 ―即納モデルがさらにお得な“【最短翌日お届け】デルの歳末即納PCフェア”も同時開催―   デル・テクノロジーズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:大塚 俊彦、以下、デル・テクノロジーズ URL:https://www.dellte … さらに読む

プレスリリース一覧 November 24, 2020

デル・テクノロジーズ、世界最速360Hzのリフレッシュ レートを誇る「AW2521H」などALIENWAREのゲーミングモニター3製品をまもなく発売

2020年11⽉24⽇ デル・テクノロジーズ株式会社   デル・テクノロジーズ、 世界最速360Hzのリフレッシュ レートを誇る「AW2521H」など ALIENWAREのゲーミングモニター3製品をまもなく発売   デル・テクノロジーズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:大塚 俊彦、以下、デル・テクノロジーズ URL:https://www.delltechnologies.com/ja-jp/ … さらに読む

プレスリリース一覧 November 23, 2020

デル・テクノロジーズ、日本企業のデジタル トランスフォーメーション(DX)への取り組みの現状と課題を発表

2020年11月19日 デル・テクノロジーズ株式会社   デル・テクノロジーズ、 日本企業のデジタル トランスフォーメーション(DX)への 取り組みの現状と課題を発表 2020年、新型コロナウイルスの影響下で、DXへの取り組みが加速、 危機感、解決すべき課題、今後の重点領域が浮き彫りに   ニュースの概要 2020年、新型コロナウイルスの世界的な影響の中、日本企業の5%がDXの取組みを加速化 2018年の調 … さらに読む

プレスリリース一覧 November 19, 2020

2020年11月27日(金)13:30~ 「デジタル変革の加速」を基調講演テーマに 「Dell Technologies Forum 2020 – Japan」を開催

2020年11月5日 デル・テクノロジーズ株式会社   2020年11月27日(金)13:30~ 「デジタル変革の加速」を基調講演テーマに 「Dell Technologies Forum 2020 – Japan」を開催 ゲストスピーカーとして、トヨタ自動車株式会社 情報システム本部 本部長 北明 健一氏注および、ソフトバンク株式会社 テクノロジーユニット 5G&IoTソリューション本部 本部長 野田 真氏が登壇 … さらに読む

プレスリリース一覧 November 5, 2020
さらに読む場合は、こちらをクリックしてください。