Dell Logo

デル、業界変革を加速させるIoTゲートウェイソリューション「Dell IoT Gateway」を発表

シェアする
Copied!

2015年6月24日

デル株式会社

デル、業界変革を加速させるIoTゲートウェイソリューション

Dell IoT Gateway」を発表

 

*米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。

 

米国テキサス州オースティン発 – デルは、このほど、「モノのインターネット(IoT)」ソリューション開発を促進するゲートウェイソリューション「Dell IoT Gateway」を発表しました。「Dell IoT Gateway」は、お客様のIoTソリューション開発の支援と促進を目指し設計されたデル独自のIoTゲートウェイです。

 

ゲートウェイは、ネットワークエッジのセンサーデータの収集から安全に処理するまでの一連のプロセスを実行する小型のワイヤレスまたは接続デバイスです。エネルギー消費の管理や機器の予知保全の通知などといったエッジの解析を行うための柔軟性を提供し、様々なデータに基づく決定までの時間を短縮します。「Dell IoT Gateway」は、クラウドやデータセンターにデータを転送する際の時間とコスト削減に貢献し、クラウド上でバックアップする重要データのみを中継することにより、貴重なネットワーク通信容量を節約する強固な基盤となるよう設計されています。

 

Dell IoT Gateway」の特長

  • ŸIoTアプリケーション開発の着手に最適で、Intel Wind River Linux、UbuntuやMicrosoft Windows搭載などの複数のオペレーティングシステムに対応
  • Ÿ小型で、Intel Celeronデュアルコアプロセッサを搭載し、ビルディング・オートメーションやインダストリアル・オートメーションを含む幅広いIoTアプリケーションを作動可能
  • 壁、机上、その他建物のアクセスしやすい場所に備え付け可能
  • 可動部品がなく、耐久性が高いため、高性能のサービスを長期にわたり提供

 

「IoT」に対する取り組みが広がりつつある中で、組織は制御技術(OT:オペレーショナルテクノロジ)と情報技術(IT:インフォメーション・テクノロジ)に対するアプローチ方法の違いに直面しています。この相違に対応するために、デルはKMC Controls社のような業界をリードするOT企業とパートナーシップを組み、IT環境においてシームレスな管理を実現しながらOTに特化したソリューションを開発しました。KMC Controls社を含む強固なパートナーシップを通じて、デルは信頼されるパートナーとして革新的なソリューションの開発に取り組んでいきます。

 

KMC ControlsのCEOであるリチャード・ニューベリー(Richard Newberry)氏は、次のように述べています。

「ビルディング・オートメーション・システムのIoTソリューション開発は、スピードと迅速な応答性が求められます。セキュリティだけでなく、オープンな開発プラットフォームへのニーズなども検討しなければなりません。『Dell IoT Gateway』により、スケーラブルで堅牢なオープンプラットフォームを通じて、KMCは小規模から大規模の建物まで様々な資産に合わせて、ビルディング・オートメーション・システムをIoTに接続させることができるようになりました。」

 

また、デルの豊富なIoTパートナーシップエコシステムの一部として、Dell ServicesとIoT向けアプリケーション開発運用プラットフォームを提供するThingWorx社との協業を発表しました。両社の技術とビジネスにおける専門知識を併せて提供することで、お客様のIoTアプリケーションの構築に要する時間、コスト、リスクの削減を図ります。また、今回のパートナーシップ合意の一環として、デルは、ThingWorxのGlobal System Integrators Alliance Programに参加します。 

 

デルのIoTソリューションズのエグゼクティブ・ディレクターであるアンディ・ローズ(Andy Rhodes)は、次のように述べています。

「現在のIoTソリューションは、導入が長期間にわたり、大掛かりなスコーピングと過度に複雑な独自の設計によってリスクとコストが高まってしまうという課題を抱えています。当社は、こうした課題を解消するために、セキュリティ、マネージャビリティ、サービス、解析、インフラ、エンドポイントを含む幅広いIoT対応製品のポートフォリオを用いて、お客様のソリューション構築を支援しています。」

 

パートナーからのコメント:

 

インテル IoT戦略及びテクノロジオフィス担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャー Rose Schooler

「『Dell IoT Gateway』により、インテルのテクノロジを基盤としたエンド・ツー・エンドIoTソリューションの構築が可能になります。デルの最新のゲートウェイソリューションは、デルのIoTソリューションの価値を真に発揮するために必要なコネクティビティ、セキュリティ、そして管理性を提供します。」

 

マイクロソフト Worldwide OEM Marketing バイスプレジデント Peter Han

「製造業は、長年、優れたハードウェア・ソリューションとサービスを提供してきたデルを信頼してきました。Windows IoTの動作が可能な『Dell IoT Gateway』により、デルはオートメーション分野において、当社と共通のお客様に満足いただける新しいセキュリティ、解析テクノロジ、および効率性の提供を促進していくでしょう。」

 

UbuntuCanonical設立者 Mark Shuttleworth

「IoT分野の開発者が直面している最大の課題の1つは、複雑さの軽減です。今回の新製品により、お客様に『Dell IoT Gateway』を通じてSnappy Ubuntu Coreを利用して頂けることをうれしく思います。これにより、さらにビジネスが発展していくものと確信しています。」

 

Dell IoT Gateway」提供情報

Ÿ   現在、米国とカナダで入手可能です。他の国においても、間もなく提供開始予定です。

 

*記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

読み続ける