Dell Logo

デルチーム「バイシクルライド2014イン東京」 大会参加レポート

シェアする
Copied!

デルチーム「バイシクルライド2014イン東京」 大会参加レポート

4月20日、デルは、自転車で東京の街を走るチャリティ・イベント「バイシクルライド2014イン東京」(主催:バイシクルライド2014東京実行委員会)に協賛・参加しました。今年で12回目の開催となったこのイベントは、参加費の半分が難病の子どもたちの夢を叶えるボランティア基金「メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン」に寄付されます。デルは今年で7回目の協賛となり、社員が毎年、参加を心待ちにしている恒例イベントのひとつになっています。昨年に引き続き、社長の郡も率先して参加を表明。曇天で肌寒いあいにくの天候にも負けず、社員家族、ボランティア参加者も含め、総勢39名が一丸となり、ライダーおよびサポート要員として大会をサポートしました。

 

今年からスタート&ゴールは日比谷公園に変わり、新たに豊洲、月島など東京の下町も加わった風情あふれる約28kmのコース。日比谷公園の新緑の元に設置されたエアアーチからスタートし、銀座、築地、勝どき橋、豊洲、越中島、清洲橋、人形町、日本橋、東京駅、丸の内、皇居パレスサイクリングと、歴史と情緒ある東京の街中で今話題の新スポットも体験することができる魅力的なコースでした。

 

参加者は10 から15名ずつのチームに分かれ時差で出発します。デルのチームはそろってスタート。ライダー一同、颯爽と輪行しました。

 

気に入った場所で寄り道ができることもこのイベントの醍醐味のひとつです。それぞれ思い思いのスポットで記念撮影をしたりと、時速15kmほどのゆっくりした自転車散歩を通して東京の魅力をたっぷり堪能しました。

 

デルのサポートスタッフも、ライダーたちに声援を送りながら、車道上の安全を確保。皆が安心して楽しい1日を過ごせるようにしっかりイベントをサポートしました。

今回の大会参加者は1,304名でした。開催を通して集まった参加費の50%である2,970,000円がメイク・ア・ウィッシュ オブ・ジャパンへ寄付され、難病の子どもたちの夢を叶える資金となります。

東京を自転車で走り抜け、それぞれのスポットの魅力を改めて感じながら、難病の子どもたちの夢を叶えるサポートもできた1日でした。イベントの参加を通して、デル社員同士の絆もより深まりました。大会終了後、デルチームの顔はみな、達成感の表情で輝いていました。チームワークの力を実感しながら、社会貢献ができた有意義な1日でした。

読み続ける