Dell Logo

デル、ユニアデックス  国内初、パートナーによる「自営保守サービス」を提供開始

シェアする
Copied!

2015年2月5日

 デル株式会社

デル、ユニアデックス

国内初、パートナーによる「自営保守サービス」を提供開始

 

デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:郡 信一郎、以下、デル)とユニアデックス株式会社(本社:東京都江東区、社長:入部 泰、以下 ユニアデックス)は、ユニアデックスが販売するデル製品のお客さまに「自営保守サービス」を提供していくことで合意し、本日から提供開始します。

 

「自営保守サービス」とは、これまでデルがお客さまに提供していた保守サービスを、デル製品に関する豊富な知識と高度な保守サービス機能を有するユニアデックスから、直接提供するサービスのことです。

 

これまでデルとユニアデックスは、1999年の業務提携以降、「ヘルプデスクサービス」をデルが担当し、ユニアデックスのエンジニアが現場で製品の「出張修理サポート」を提供するスキームを築いてきました。今後は、製品の販売をはじめ、「ヘルプデスクサービス」から「出張修理サポート」の対応まで、ユニアデックスにて窓口を一元化するため、さらに迅速かつ円滑な保守サービスの提供が可能となります。

 

ユニアデックスは、本サービスの開始により、「ヘルプデスクサービス」、「出張修理サポート」といった「自営保守サービス」において、デルとの連携をさらに強化し、顧客満足度向上に努めていきます。

 

「自営保守サービス」の概要は、以下のとおりです。

 

1.   サポートサービス

  • ヘルプデスクサービス:製品・技術質問に対する回答、障害切り分けの技術支援、修理受付など
  • 出張修理サポート

1.) 翌営業日出張修理(オンサイト)サービス

2.) 当日4時間対応修理サービス

お客さまからの障害連絡を受付後、原則4時間以内をめどに、現場にて迅速な復旧作業(製品故障時のパーツ交換を含む)を実施

 

2.   対象製品

  • サーバ : PowerEdge
  • ストレージ : EqualLogic、PowerVault

 

■ユニアデックスによるデル製品「自営保守サービス」の概要図


*記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。

 

読み続ける