デル テクノロジーズとOrange社、通信業界のマルチアクセス エッジ トランスフォーメーションにおいて協業

シェアする
Copied!

当資料は、2019年5月1日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。

米国リリース原文: https://corporate.delltechnologies.com/en-us/newsroom/dell-emc-and-orange-collaborate-for-telco-multi-access-edge-transformation.htm

 

2019年5月21日

デル株式会社

EMCジャパン株式会社

 

デル テクノロジーズOrange社、

通信業界のマルチアクセス エッジ トランスフォーメーションにおいて協業

デジタル エコノミーにおけるクラウド モビリティーのための

新しいプラットフォームを共同開発することで合意

 

ニュースの概要

  • 通信分野における両社の経験とノウハウを組み合わせ、5Gユースケースおよびビジネス モデルをテスト、開発
  • 分散マルチクラウド/エッジ アーキテクチャーを基盤に、マルチアクセス エッジ コンピューティングおよびソフトウェア デファインド モビリティーの支援テクノロジーで連携

 

2019年5月1日、米ネバダ州ラスベガス『Dell Technologies World』発:

デル テクノロジーズと、モバイルおよびインターネット サービスにおいて世界2億6,400万の顧客を有するフランス大手通信会社のOrange社は、分散クラウド アーキテクチャーの主要な技術分野において共同で技術開発を進める合意を結んだことを発表しました。この共同開発は、リアルタイム エッジ ユースケースと5Gが創出する新たなサービス機会を提供します。

 

エッジ コンピューティング、5Gイノベーションの可能性をフルに引き出す

5Gには、ニアリアルタイムのエッジ コンピューティングおよびIoTサービスの豊富なカタログをサポートする新しいタイプのプラットフォームが必要です。両社は、クラウドとモバイルの最良の部分を組み合わせた5G向けの新しい分散アーキテクチャーに対するニーズに応えるために協業します。これらの分散アーキテクチャーは、自動化した非依存型のソフトウェア デファインド インフラストラクチャーの共通のハードウェア基盤を提供し、オンプレミス環境をワイヤレス、コアまで広げることで、イノベーションとサービス提供を促進します。

この新しいモバイル プラットフォームは、5Gの能力と価値を完全に引き出すソリューションの革新的なエコシステムを提供する、信頼のサプライチェーンを基盤に構築しなければなりません。これらのプラットフォームは、ネットワーク テレメトリーによってインテリジェントなオートメーションおよびサービス オーケストレーション システムに情報を供給し、AI(人工知能)を使うことで分散環境全体を通じて一貫したサービス レベルとインサイトを確保します。つまり、管理システムにとってネットワーク スタックのすべてのレイヤーが可視的で、これらの管理システムが効率的なネットワーク オペレーションと質の高いカスタマー エクスペリエンスの両方を自律的に実現します。

これらのテクノロジーは、エンタープライズ データセンターとパブリック クラウドの両方を実現しているテクノロジーと同じものです。5Gは、これらのクラウドと「IT中心」の要件を、機能が固定されている従来のハードウェアの先へと拡張することで、より動的で俊敏なエッジ コンピュート、ストレージ、ネットワーク ソリューションを提供します。通信サービス プロバイダーは、オープンな業界標準アーキテクチャーとソフトウェア デファインド ネットワーキング(SDN)、ネットワーク機能仮想化(NFV)、クラウド ネイティブ アプリケーション、マルチアクセス エッジ コンピューティング(MEC)を組み合わせて活用することで、5Gによって創出される新たなビジネス チャンスを獲得したいと考えています。

 

デル テクノロジーズとOrange社は、それぞれの経験とノウハウを組み合わせたコラボレーションを基盤に、以下について定義・開発する予定です。

  • エッジ テクノロジーのユースケース、ビジネス モデル、PoC(概念実証)
  • エッジ エコシステムのためのオープンソース コンソーシアムとパートナーシップ
  • FPGAやGPU、SmartNICなどのインフラストラクチャー アクセラレータの定義と検証 - Cloud/Virtual RAN(Radio Access Network:CRAN/vRAN)、MEC、リアルタイムのインタラクティブで待ち時間感度(Latency-Sensitive)が高いアプリケーションをはじめとするエッジ ワークロードをサポート
  • AI/マシンラーニング(機械学習)対応ソフトウェアにより、仮想マシン、コンテナ、ベアメタル ワークロードを基盤に複数のテクノロジーが混在する異種エッジのリモート オートメーションをサポート
  • 通信環境、スペース、オペレーション、オートメーションの要件に応えるエッジ インフラストラクチャー プラットフォーム

 

# # #

■デル テクノロジーズについて

デル テクノロジーズ(NYSE:DELL)は、企業や人々がデジタルの未来を築き、仕事や生活の仕方を変革するのを支援する独特なビジネス ファミリーです。 同社は、エッジからコア、クラウドまでを網羅した業界で最も包括的かつ革新的なテクノロジとサービスのポートフォリオをお客様に提供しています。 デル テクノロジーズ ファミリーには、Dell、Dell EMC、Pivotal、RSA、Secureworks、Virtustream、およびVMwareが含まれます。

# # #

© Copyright 2019 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.

Dell, EMC, 及びDell, EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

読み続ける
同様の記事をご覧になりたいですか?

関連する投稿

Virtustream、「xStreamCare」サービスを発表 クラウド上のミッション クリティカル アプリケーションのモダナイズと最適化を実現

当資料は、2019年5月17日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。 米国リリース原文: https://www.virtustream.com/press-release/virtustream-announces-xstreamcare-services-to-help-customers-modernize-and-optimize-mission-critical-applications-in-th … さらに読む

プレスリリース一覧 June 2, 2019

【最新調査レポート】 企業の97%が、基幹業務アプリケーションにマルチクラウド戦略を採用

当資料は、2019年4月29日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。 米国リリース原文: https://www.virtustream.com/press-release/97-percent-adopted-multicloud-for-mission-critical-applications 2019年5月23日 デル株式会社 EMCジャパン株式会社   【最新調査レポート】 企業の97%が、基幹業務 … さらに読む

プレスリリース一覧 May 22, 2019

デル テクノロジーズ、企業のマルチクラウド ジャーニー(旅路)を加速する「Dell Technologies Cloud」を発表

2019年5月21日 デル株式会社 EMCジャパン株式会社   デル テクノロジーズ、企業のマルチクラウド ジャーニー(旅路)を加速する 「Dell Technologies Cloud」を発表 パブリック クラウド、プライベート クラウド、エッジを網羅して一貫性のあるハイブリッド クラウドの 運用を実現するDell EMCとVMwareの共同エンジニアリングによる最新のクラウド ソリューション   ニュー … さらに読む

プレスリリース一覧 May 20, 2019
さらに読む場合は、こちらをクリックしてください。
すべてのコメントは管理されています。本サイトに無関係のコメントやサービスに関するリクエスト、宣伝や悪意のあるコメントなどの不適切なコンテンツは公開されません。技術的な質問については、デルのサポートフォーラム、カスタマーサービスまたはテクニカルサポートにお問い合わせください。デルのサポートに問い合わせる。