Dell Logo

最新の投稿

Dell™ PowerEdge™ 第12世代サーバに対応したフラッシュストレージFusion-ioのOEM提供を開始

Dell™ PowerEdge™ 第12世代サーバに対応したフラッシュストレージFusion-ioのOEM提供を開始 ~省スペースで一層の高密度化が可能に~   デル株式会社は、本日から、サーバに搭載する新世代フラッシュストレージ「Fusion-io ioDrive2」および「Fusion-io ioDrive2 Duo」のOEM提供を開始します。最大容量2.4TBの高速フラッシュストレージを1Uのラックマウントサーバからサポートし、より少ないスペースで高集積化を必要とするビッグデータ時代の需要に応えます。   今回、デルがOEM提供を開始するフラッシュストレージは、Fusion-io ioDrive2 785GBおよび … さらに読む

Dell Japan Corp Comms July 18, 2012

鳥取県立中央病院がデルのプラットフォームで電子カルテシステム用端末で院内情報にアクセス可能な情報共有基盤を構築

鳥取県立中央病院がデルのプラットフォームで電子カルテシステム用端末で院内情報にアクセス可能な情報共有基盤を構築 ~院内情報の適切かつ効果的な共有が可能に~ デル株式会社は、本日、鳥取県立中央病院の事例を公開しました。2012年3月に鳥取県立中央病院は院内情報共有を促進する新しいコミュニケーション基盤にデルのプラットフォームソリューションを採用し、稼働を開始しました。情報共有化が促進されることで、院内ポータルサイトや電子カルテシステムの情報をタイムリーに共有ならびに有効活用でき、担当領域を超えた「チーム医療」により、さらに質の高い患者サービスの提供が可能となりました。 鳥取県立中央病院は、25の診療科と3つのセンター、431床を有した3次救急を担う急性期病院であり、 … さらに読む

Dell Japan Corp Comms July 1, 2012

入間川病院がデルの医療向けソリューションでICTシステムを拡充 電子カルテによるペーパレス化、薬剤管理システム、予約ステムで業務を改善

入間川病院がデルの医療向けソリューションでICTシステムを拡充 ~電子カルテによるペーパレス化、薬剤管理システム、予約ステムで業務を改善~  デル株式会社は、医療法人 入間川病院(所在:埼玉県狭山市)の導入事例を本日公開しました。入間川病院は、デルのプラットフォームソリューションを2012年1月に導入して、医療ICTシステムを拡充しました。ICTシステム構築で、電子カルテによるペーパレス化、薬剤管理統合システムの構築による業務効率化を実現するとともに、予約システムを通じた外部からのMRIやCTの利用予約を受け入れ、地域全体の医療にもさらに貢献しています。 病床数199床、16の診療科と人間ドックを併設する総合病院の入間川病院は、地域の中核病院としてICT … さらに読む

Dell Japan Corp Comms July 1, 2012
さらに読む場合は、こちらをクリックしてください。