Dell EMC、世界No.1の販売実績を誇るサーバー ポートフォリオを強化

シェアする
Copied!

2019年4月16日

デル株式会社

EMCジャパン株式会社

 

Dell EMC、世界No.1の販売実績を誇るサーバー ポートフォリオを強化

管理環境の簡素化とパフォーマンスの向上により、日々複雑化するワークロードに対して

柔軟性とセキュリティーに優れた最適化されたプラットフォームを提供

 

ニュースの概要

  • 「Dell EMC OpenManage」および「iDRAC」のシステム管理機能の拡張により、「Dell EMC PowerEdge」サーバーの管理/自動化/セキュリティー機能を強化
  • 第2世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーおよびインテル®  Optane™ DCパーシステント・メモリーが、インメモリー データベース、仮想化、データ アナリティクスのワークロードのアクセラレーションを実現 - 1秒あたり最大7倍のトランザクションを処理*1

 

2019年4月16日

デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、URL:http://www.dell.co.jp/ )と、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚 俊彦、URL: https://www.dellemc.com/ja-jp/index.htm ):(以下Dell EMC)は、世界No.1の販売実績*2を誇るサーバー ポートフォリオ「Dell EMC PowerEdge」の機能を強化し、4月17日より提供開始することを発表しました。この機能強化により、日々のワークロードをサポートする管理性、セキュリティー、パフォーマンス、スケーラビリティーを高め、これまで以上にクラウド、アナリティクス、ソフトウェア デファインド データセンターなどの用途に最適なプラットフォームを提供します。

 

Dell EMCが、日々複雑化するワークロードをサポートする高度なインフラストラクチャーを提供

「PowerEdge」サーバーの自動化された、セキュリティーと拡張性の高いプラットフォームによって、運用効率とビジネスのデジタルシフトのバランスを取ることが可能になります。これはIT環境が厳格なSLA(サービス レベル アグリーメント)を遵守しながら、変化するワークロードに対応することを意味しており、このプラットフォームにより新たなビジネスが創造され、顧客との関係性が強化されます。

「PowerEdge」および「Dell EMC OpenManage」システム管理には今回、様々な機能拡張が行われていますが、この中でも、「OpenManage FlexSelect Manage」および「FlexSelect Secure」は、「PowerEdge」システムの管理性とセキュリティーの柔軟性を飛躍的に高める新機能です。これを導入した企業は、これまでになかった次のようなメリットと能力を活用することがきます。

 

高いコントロール能力

  • 「FlexSelect Manage」によって、「OpenManage Enterprise」の機能を効果的に選択することができます。ユーザーは、この機能によって、具体的なニーズに合わせてコンソールの数を減らし、管理効率を高めることができます。
  • 強化されたRedfish対応「Dell EMC RESTful API」によって、通常の管理ネットワークに加えてオペレーティング システムから直接サーバーを管理できる柔軟性が加わり、これまで以上に多くのサーバー オペレーションとデバイスをコントロールすることができます。ユーザーは、既存のプロセスへ「PowerEdge」サーバーを統合して、一貫性のあるサーバー管理を行うことができます。
  • 「OpenManage Mobile」の新しいAR(拡張現実)機能が、環境内でインシデントが発生した正確な場所をグラフィカルに表示します。これにより、「PowerEdge MX」インフラストラクチャー内でインシデントが発生している該当箇所を正確に識別し、迅速に問題を解消することがモバイル デバイスから可能となります。サーバーのイベントログをマニュアルで実行するよりも少ない手順で保守が可能で、サーバーのメンテナンスに要する時間を28%削減することができます。
  • Dell EMCとインテルの密接なコラボレーションが実現した、「OpenManage」によるエージェント フリー管理によって、サポートされるインテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーおよびインテル® Optane™ DC SSDの検知、モニタリング、設定、アップデートを実行することができます。この機能によりBIOSやドライバ、メモリーの設定を自動化し、管理時間を短縮することが可能です。また、自動化機能により、ユーザーによる処理を必要とせずにこれらの構成を複数のサーバーへ複製することができるので、IT管理者は重複した設定手作業の手間から解放され、より創造的な作業に時間を割くことができるようになります。

 

セキュリティーの強化

  • 新しい「OpenManage Secure Enterprise Key Manager」によって、データ保護能力をスケールアップするとともに、自己暗号化ドライブのキーを一元管理することで、ドライブとサーバーの両方のレベルでデータの安全性を高め、管理を簡素化することができます。
  • 新しい「OpenManage FlexSelect Secure」機能で、固有のビジネス ニーズに必要なセキュリティー レベルに適応し、スケールアップしていくことができます。例えば、統合「Dell Remote Access Controller(iDRAC)」に追加された新しいセキュリティーと暗号化のオプションによって、ユーザー企業独自のセキュリティー ポリシーに基づいたサーバー コンポーネントと外部コネクティビティ間のコミュニケーションが可能となります。

 

パフォーマンスとスケーラビリティーの強化

  • 新しい第2世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーによって、優れたパフォーマンスでデジタル トランスフォーメーションを推進できます。これらの新しいプロセッサーを搭載した「PowerEdge」サーバーでは、コア ビジネス アプリケーションのパフォーマンスが最大40%向上し、社内外を通じた経験価値を高めることができます*3。ワークロードを最適化したサーバー構成プロファイルによる容易なBIOS調整によって、新しいテクノロジーやワークロードを追加した際もパフォーマンスを最適化できます。
  • 最新のベンチマークでは、第2世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーを搭載した単一の「PowerEdge R940」サーバーが、SAP Sales & Distribution Standard Application Benchmarkで69,500の同時ユーザーを適切にサポートできることが実証されています。これは、「PowerEdge R930」サーバーとの比較において、単一サーバーで最大60%多くのユーザーをサポートできることを意味します*4
  • 新しいインテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーによって、最大5倍のメモリー容量をベースに、「PowerEdge」サーバー環境でインメモリー データベース、仮想化、データ アナリティクスのワークロードのアクセラレーションを実現することができます*5。VMware ESXiによる仮想化したMicrosoft SQL Server 2019環境におけるNVMeドライブを利用した構成とのパフォーマンス比較では、インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーを搭載した「PowerEdge R740xd」は1秒あたり最大2.7倍のトランザクションを処理することが可能です*1
  • 「Dell EMC Ready Solutions」によって、ハイパフォーマンス コンピューティングおよびAI(人工知能)アプリケーション向けの学習結果を短時間で獲得できるとともに、新しいIntel® Deep Learning Boostによって、ディープ ラーニングのような並列計算のユースケースにも容易に対応できるようになり、ディープ ニューラル ネットワークにおける推論処理が3倍近く高速化されます*6

これらの新機能を実現し、サポートしているのが「OpenManage」システム管理ポートフォリオで、システム管理から複雑さを排除することで、手間のかからないインフラストラクチャー管理を実現します。また、「PowerEdge」サーバーの重要な機能である「iDRAC」がサーバーの導入、設定、更新、保守管理のプロセスを自動化します。

 

価格と提供について

■価格:「PowerEdge R640」:951,024円~ (税別・配送料別)

■提供開始時期:

  • 「Dell EMC OpenManage」のアップデートは、「PowerEdge」ポートフォリオに対して2019年第2四半期中に提供開始予定です。
  • 第2世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーを搭載した「PowerEdge」サーバー(R940、R740、R740xd、R740xd2、R640、C6420)は2019年4月17日に提供開始予定です。また、「PowerEdge MX」を含むその他の「PowerEdge」サーバーは、2019年第2四半期中に提供開始予定です。
  • インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーは、2019年第2四半期中に指定の2ソケットおよび4ソケット「PowerEdge」サーバーに搭載して全世界で提供開始予定です。
  • 今回発表される「PowerEdge」サーバーを搭載した、「Ready Solutions」およびDell EMC HCI(ハイパーコンバージド インフラストラクチャー)ポートフォリオは2019年内に提供開始予定です。

■提供について:デル、EMCジャパンおよび両社のビジネスパートナーから提供します。

■製品画像:

「PowerEdge R740xd」

https://www.dellemc.com/content/dam/uwaem/production-design-assets/jp/news/photo-library/dellemc_per740xd.png

「PowerEdge R940」

https://www.dellemc.com/content/dam/uwaem/production-design-assets/jp/news/photo-library/dellemc_per940.png

 

*1 Dell EMC社内テストに基づく(2019年3月) - 第2世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーおよび1.6TB Mixed Use NVMe x 2を搭載した「PowerEdge R740xd」と、インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーの256GB DIMM x 12を搭載した以外は同じ構成の「PowerEdge R740xd」の比較。Microsoft SQL Server 2019 CTP 2.3、VMware ESXi 6.7U1、RHEL 7.6GAを使用し、SQL Server 2019 CTP 2.3のパフォーマンスに対するTPC-Cからのワークロードを使用。このワークロードから得られた結果は、公開されているTPC-Cの結果に相当するものではありません。実際の結果は変動する場合があります。

*2 出典: IDC Quarterly Server Tracker, 2018Q4

*3  Dell EMC社内テストに基づく速報値(2019年2月) - インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー(第1世代)Silver 4116を搭載した「PowerEdge R740」と、SPECcpu2017 int_rate_baseで動作する第2世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー Silver 4216を搭載した「PowerEdge R740」の比較。実際の結果は変動する場合があります。

*4 2ティアSAP SD標準アプリケーション ベンチマークにおける「Dell EMC PowerEdge R940」の結果 - 69,500ユーザー、平均ダイアログ応答時間: 0.97秒、スループット: 1時間あたりに完全に処理した注文明細数7,600,330、1時間あたりのダイアログ ステップ数: 22.801.000、SAPS: 380,020。SAPベンチマーク - SAP ERP 6.0向け拡張パッケージ5、SAP ASE 16;SLES15;第2世代インテル® Xeon® Platinum 8280 CPU(4 CPU、112コア、224スレッド)、1536GBメモリー。認定番号: 2019023。2019年3月の結果。同等構成の「PowerEdge R930」サーバーとの比較 - 43,300ユーザー、平均ダイアログ応答時間: 0.98秒、スループット: 1時間あたりに完全に処理した注文明細数4,730,330、1時間あたりのダイアログ ステップ数: 14,191,000、SAPS: 236,520。SAPベンチマーク - SAP ERP 6.0向け拡張パッケージ5、SAP ASE 16;RHEL 7.2; インテル® Xeon® プロセッサー E7-8894 v4(4 CPU、96コア、192スレッド)、1024GBメモリー。認定番号: #2017001、2017年2月6日。本ベンチマークの詳細は、ハードウェア パートナーまたはSAP AGより入手可能。

*5 Dell社内テストに基づく(2019年1月) - インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリー DIMMまたはDRAM DIMMもしくは両方を搭載した指定の「PowerEdge」サーバーおよびDRAM DIMMのみを使用した場合との比較。

*6  INT8 パフォーマンス テスト推論ベンチマーク(2019年3月) - Dell EMC HPCおよびAI Innovation LabにおけるResNet50の画像分類パフォーマンス。実際の結果は変動する場合があります。

 

# # #

■デル株式会社について

デルは世界市場トップレベルのシェアを誇るエンドツーエンドのソリューション プロバイダー、Dell Inc.の日本法人です。総合ITソリューション事業 – パソコン・モバイル端末から基幹システムやクラウドの導入支援、セキュリティ サービスに至るまで包括的なITソリューションを提供。http://www.dell.co.jp/

EMCジャパン株式会社について

EMCジャパンは、情報インフラの卓越したテクノロジーとソリューションの提供を通して、日本のお客様の情報インフラの課題解決をご支援し、あらゆる規模のお客様のビジネスの継続と成長、さらにビジネス価値の創造に貢献致します。https://www.dellemc.com/ja-jp/index.htm

# # #

© Copyright 2019 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.

Dell, EMC, 及びDell, EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

読み続ける
同様の記事をご覧になりたいですか?

関連する投稿

デル テクノロジーズ、最新の第2世代AMD EPYCプロセッサーの機能を フルに活用する「Dell EMC PowerEdge」を世界同時で販売開始

2019年9月18日 デル株式会社 EMCジャパン株式会社   デル テクノロジーズ、最新の第2世代AMD EPYCプロセッサーの機能を フルに活用する「Dell EMC PowerEdge」を世界同時で販売開始 モダン データセンターに最適な、最新テクノロジー満載のサーバーとソリューションにより、マルチクラウドのワークロードや多様化するコンピューティングの要望に応えるパワフルなインフラストラクチャーソリューションを … さらに読む

プレスリリース一覧 September 18, 2019

デル テクノロジーズ、国内の新しい経営体制を発表

2019年7月17日 デル株式会社 EMCジャパン株式会社   デル テクノロジーズ、国内の新しい経営体制を発表 デルおよびEMCジャパンの代表取締役人事を発表   2019年7月17日 デル テクノロジーズの日本における事業を展開する二社である、デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手 智行、URL:http://www.dell.co.jp/ )と、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表 … さらに読む

プレスリリース一覧 July 17, 2019

【サーバー価格改定のお知らせ】 デル テクノロジーズ、x86サーバーの国内価格を10%引き下げ

2019年7月12日 デル株式会社 EMCジャパン株式会社 【サーバー価格改定のお知らせ】 デル テクノロジーズ、x86サーバーの国内価格を10%引き下げ 企業ITのモダナイゼーションを後押し   2019年7月12日 デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、URL:http://www.dell.co.jp/ )と、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大塚 俊 … さらに読む

プレスリリース一覧 July 11, 2019

デル テクノロジーズ、Azure Stack HCI向けのポートフォリオを拡張

2019年7月3日 デル株式会社 EMCジャパン株式会社   デル テクノロジーズ、Azure Stack HCI向けのポートフォリオを拡張 マイクロソフトのハイブリッド クラウド環境への新たなパスを提供   2019年7月3日 デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、URL:http://www.dell.co.jp/ )と、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 … さらに読む

プレスリリース一覧 July 2, 2019
さらに読む場合は、こちらをクリックしてください。
すべてのコメントは管理されています。本サイトに無関係のコメントやサービスに関するリクエスト、宣伝や悪意のあるコメントなどの不適切なコンテンツは公開されません。技術的な質問については、デルのサポートフォーラム、カスタマーサービスまたはテクニカルサポートにお問い合わせください。デルのサポートに問い合わせる。