Dell Logo

デル テクノロジーズ、最新のPCデザインで両立させるテクノロジーと 持続可能なイノベーションを発表

シェアする
Copied!

2020年5月29日
デル株式会社
EMCジャパン株式会社

 

デル テクノロジーズ、最新のPCデザインで両立させるテクノロジーと

持続可能なイノベーションを発表

 

当資料は、2020年5月19日に米国で発表されたブログの抄訳版です。
米国ブログ原文:https://blog.dell.com/en-us/technology-sustainability-innovation-hand-in-hand-latest-pc-designs/

 

デル テクノロジーズは2020年5月、市場初のイノベーションの限界を押し上げる、Latitude、Precision、OptiPlex法人向けPCポートフォリオの新しいデバイスを発表しました

世界中の企業でテレワークの採用が急速に普及したことで、人々が仕事に利用するデバイスの重要性はこれまで以上に高まっています。これまでは、プロフェッショナルが場所を選ばずに仕事をするための、品質に優れた多用途かつセキュアなPCポートフォリオを提供することに重点を置いていましたが、他にもできることがあるとデル テクノロジーズは考えています。

今回発表した新製品は、5GとAIベースの生産性機能、サーマル イノベーションや持続可能(サステナブル)なデザイン、メンテナンス、オペレーションに対するコミットメントにより、ユーザーが求めているインテリジェントかつ効率的に働きながら環境への影響を軽減したいという要望に応えます。

デル テクノロジーズでは、より高いパフォーマンス、長時間のバッテリー寿命、少ない熱、強力なスピーカー、5G対応の新しいアンテナを提供する小型で軽いデバイスを追求すると同時に、サステナビリティー目標の達成も目指しています。エンジニアリングの観点では、デバイスの小型化に伴う排熱スペースの確保が課題となります。また、軽量化に伴い、再生素材、バッテリー、スピーカーの重量のバランスが難しくなります。しかし、どちらかを優先させれば良いという話ではありません。デル テクノロジーズにとって、サステナビリティーはイノベーションに含まれます。

 

これまでで最も小さく、軽く、セキュアでインテリジェントなビジネス向けPCポートフォリオ *1

最も重要なタスクに集中できるように、ビジネス向けポートフォリオ全体にAIベースの生産性ソフトウェアであるDell Optimizerを追加しました。「New Latitude 9510」では、スピーカー内に5Gアンテナを組み込み、優れた接続性と通話品質を実現しています。また、Precisionワークステーションのデザインを見直し、より小さいスタイリッシュなデザインでパワーとパフォーマンスを両立させています。さらに、両製品の排熱方法を見直し、ビジネスPCに初めて搭載した低ブルーライト4Kパネル、快適さを追求したキーボード デザイン、PCと2-in-1の共通マザーボードなどを採用しています。

 

業界で最もサステナビリティーに優れたビジネス向けPCポートフォリオ *2

すべての新製品は、EPEAT GoldまたはSilverとして登録されています。サステナビリティーについては、さらに当社独自の高い基準を課し、製品に再生素材を利用するだけでなく、製品のエコシステムとライフスタイル全体で環境への影響を軽減する方法を探りました。当社のProgress Made Realプランは、今後の10年間に社会が直面するであろう最も大きな課題の一つであるサステナビリティーの向上に対して大きな変化をもたらす方法に重点を置いています。

 

昨年秋に発売された最新の「Latitude 7300」に水性塗料を採用したのを足掛かりに、Latitudeの塗装パーツへの水性塗料の使用を100%に拡大することでVOC(揮発性有機化合物)の排出を削減します。これをビジネス向けポートフォリオ全体に拡大する予定です。また、ビジネス向けポートフォリオ全体で、使用済みリサイクル プラスチックと再生カーボンファイバーの使用を大幅に拡大しました。OptiPlexポートフォリオでは、使用するリサイクル プラスチックの割合が60%に達しています *3。当社には、パッケージに使用するリサイクル/再生素材の割合を2030年までに100%にするという目標があります。新しい「Latitude 2-in-1」では、海洋プラスチックからのリサイクル素材の利用を拡大し、100%リサイクルによる製品緩衝材を新たに開発しました。また、製品パッケージ全体にわたり、森林由来の段ボールへの切り替えを進めています。

これはPCに限らず、ディスプレイにおいてもEPEAT Goldとして登録された7つの製品を擁し、業界をリードしています。2020年には、デルの多くのモニターがENERGY STAR® Most Efficient Markを獲得しています *4。サーバーでは、運搬用ケースを利用してPowerEdgeのパッケージを出荷するラック1台あたり約240Kg減らす検証を行っています。

より重要なことは、当社が循環型経済の迅速な実現にコミットしていることです。そのために、引き取りの物流手配からデータ サニタイズ(無毒化)、再販、リサイクルまでのすべてを当社が行う、信頼性に優れた、セキュアな法人向けアセット復旧サービスを提供しています。また、他の回収プログラムを通じて集められたプラスチックや素材も、クローズド ループ プロセスを介してコンピューター用の新規パーツとしてリサイクルしており、循環型経済の促進に貢献しています。

当社には、働く場所に関係なく人々が日々を乗り越えるための製品をより多く提供すると同時に、サステナビリティーに情熱を傾け、コミットするまたとない機会があります。課題をイノベーションによって発展させ、チャンスに変えることこそが、お客様が求めているものになります。このたび発表した製品には大きな誇りを持っていますが、同時に可能な限り最高のエクスペリエンスを提供し、サステナブルな未来をサポートするために挑戦をし続けることで、未来がどうなっていくのかに関与していきたいと考えています。

###

※1 2019年11月のデルの分析に基づきます。

※2 2020年5月現在のDell Precision、Latitude、OptiPlexポートフォリオのデザイン、製造、パッケージング、製品ライフサイクル メンテナンス、EPEAT Gold登録などのエコマーク獲得に基づきます。

※3 プラスチック パーツに適用されるEPEAT規格のガイダンスに基づいて、製品内のプラスチック総量に対する割合として測定(重量ベース)。

※4 詳細については、https://www.energystar.gov/most-efficient/me-certified-computer-monitorsをご覧ください。

 

■デル テクノロジーズについて

デル テクノロジーズ(NYSE:DELL)は、企業や人々がデジタルの未来を築き、仕事や生活の仕方を変革することを支援する独特なビジネス ファミリーです。 同社は、エッジからコア、クラウドまでを網羅した業界で最も包括的かつ革新的なテクノロジーとサービスのポートフォリオをお客様に提供しています。

■記載内容は、2020年5月29日時点のものです。

読み続ける

関連する投稿

デル テクノロジーズのHPC(ハイパフォーマンス コンピューティング)で持続可能な社会を目指せるよう、お客様のグローバル インパクトを推進

当資料は、2020年6月24日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。 米国リリース原文:https://corporate.delltechnologies.com/en-us/newsroom/announcements/detailpage.press-releases~usa~2020~06~20200624-dt-high-performance-computing-customer-drive.ht … さらに読む

プレスリリース一覧 July 7, 2020

デル テクノロジーズ、企業のビジネス変革を加速化するため、 新しいAIリファレンスアーキテクチャーを発表

2020年6月16日 デル株式会社 EMCジャパン株式会社   デル テクノロジーズ、企業のビジネス変革を加速化するため、 新しいAIリファレンスアーキテクチャーを発表   2020年6月16日、東京発 デル テクノロジーズの日本における事業を展開する二社である、デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、URL:http://www.dell.co.jp/ )と、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、URL … さらに読む

プレスリリース一覧 June 16, 2020

デル テクノロジーズ、データ サイエンティストや開発者を支援する AIソリューションを発表

2020年4月16日 デル株式会社 EMCジャパン株式会社   デル テクノロジーズ、データ サイエンティストや開発者を支援する AIソリューションを発表   デル テクノロジーズの日本における事業を展開する二社である、デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、URL:http://www.dell.co.jp/ )と、EMCジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、URL:https://www.dell … さらに読む

プレスリリース一覧 April 15, 2020
さらに読む場合は、こちらをクリックしてください。