Dell Logo

デル初のワイヤレスプロジェクタ、3,500ANSIルーメンスの明るさ「DELL 4610X Wireless Plus」を販売開始

デルから、3,500ANSIルーメンスの卓越した明るさを提供する、無線LANによるワイヤレス*1プロジェクタ 「DELL 4610X Wireless Plus」が7月9日に販売開始されました。フルXGA高精細表示に対応し、 ノイズを極力少なくした、クリアな映像を映し出します。輝度3,500ANSIルーメンスクラスのプロジェクタ としては大変お求めやすい139,999円(税込、配送料別)でのご提供です。 (*1: ワイヤレス標準 IEEE802.11 b/g に準拠) 「DELL 4610X Wireless Plus」は、マルチメディア対応のDLP®型ワイヤレスプロジェクタです。入力系には、 HDMIとデュアルVGAコネクタを用意し、ネットワークによる管理機能、 … さらに読む

Dell Japan Corp Comms September 8, 2009

デル、ブレードサーバ「PowerEdge M905」を芝浦工業大学、教育・研究向けシステムに一括納入

2009年7月、芝浦工業大学の教育・研究向けシステムの大規模な刷新にあたり 「Dell PowerEdge M905」「Dell PowerEdge M1000e」の採用が決まりました。 <芝浦工業大学 豊洲キャンパス> 2008年12月の48台に続き、今回2009年7月に96台のブレードサーバ「Dell PowerEdge M905」が、 エンクロージャ「Dell PowerEdge M1000e」とともに豊洲(東京都江東区)、大宮(埼玉県さいたま市) の両キャンパスへ納入されました。   10月1日には本格稼動が予定され、コンピュータ実習や専門の科学技術計算など、学生たちの 教育・研究に活用されます。   芝浦工業大学は、日本有数の工科大学 … さらに読む

Dell Japan Corp Comms August 19, 2009

真のプレミアムモニタ、24インチワイドTFT液晶モニタ/IPSパネル 「デル デジタルハイエンドシリーズU2410」を販売開始

デルからIPSパネルを採用した、法人向けの液晶モニタ「デル デジタルハイエンドシリーズU2410」が販売開始されます。 「デル デジタルハイエンドシリーズU2410」は、解像度1920 x 1200の24インチワイドディスプレイで、デルのモニタ製品群では上位シリーズとなる、デジタルハイエンドシリーズの新製品です。AdobeRGB(AdobeRGB比96%)、sRGB(sRGB比100%)対応の高い色再現性をもち、また、広視野角(水平:178°・垂直:178°)のIPSパネルはどんな角度からも見やすく、作業性を向上させます。 また、さらなる高品質を追求し、今回デルとして初めて工場出荷時色校正レポートとして測定データシートを出荷時に1台1台のモニタに同梱し、品質を保証 … さらに読む

Dell Japan Corp Comms August 5, 2009

最新の「6コアAMD Opteron TMプロセッサ」を搭載したサーバ6製品を販売開始

「Istanbul」のコード名で呼ばれていたAMDの「6コアAMD Opteron TMプロセッサ」が、7月6日から、デルのPowerEdgeサーバ6機種に搭載され、販売開始いたしました。 この最新の6コア AMD Opteron™プロセッサ“Istanbul”の特長は、前世代のクアッドコア プロセッサ“Shanghai”に比べ、30%以上の性能向上と優れた消費電力効率が実現したことです。特に用途として、仮想化、マルチスレッドHPC (ハイパフォーマンス・コンピューティング)、データベースなど高速・大容量トランザクション処理が求められる分野や、クラウドコンピューティング、WEBサービスなど効率的なワット性能が求められる分野で、最適なコストパフォーマン … さらに読む

Dell Japan Corp Comms July 5, 2009

小型軽量! Dell Latitude シリーズ初の 10.1 インチネットブック「Latitude2100」、ついに販売開始しました!

本日、5月20日(水)、Dell Latitude シリーズ初の 10.1 インチネットブックとなる、「Latitude2100」を販売開始しました! 法人様向け基本コンセプトである、ロングライフサイクル・イメージの安定性・サービスなどはそのままLatitudeファミリーの特徴を踏襲! 主なターゲットは教育機関。教育現場での使用モデルとして最適な機能を備え、教師・生徒さんの学習現場をサポートいたします。 また Latitude 2100 は、企業ユーザー様向けとしても、コスト効率と機能性の面で、社内トレーニングや2台目PC用途として、IT管理者の方の運用も支えます。 仕様面での特徴としては、まずは教育機関をターゲットということで、K-12(幼稚園~高校)の生徒さん … さらに読む

Dell Japan Corp Comms May 19, 2009

小型軽量!薄型B5サイズタブレットPC「Latitude XT2」販売開始しました!

少し前になりますが、2月10日(火)、Dell唯一のタブレットPC、Latitude XTの後継LatitudeXT2を販売開始しました! ビジネスノートブックの機能をそのままに、高性能なタッチパネル機能を付属。 ディスプレイにはマルチタッチテクノロジーを採用し、Apple社のiPOD Touchのようなズームイン・ズームアウト・回転等の作業が2本の指で簡単に操作できます。   また、Intelの最新アーキテクチャ Montevinaを採用したことにより、バッテリー駆動時間も飛躍的に向上。大容量の6セルバッテリーで約5時間半。6セル+バッテリースライス(9セル)で約11時間半を実現しています。 ちょっとした会議でくるっと回して御客様に資料をお見せしたり、プレゼンで重要部分をハイライトしたり。ビジネスでの新たな使い方のお手伝いをいたします。 更に使いやすくなったLatitude XT2を、よろしくお願いいたします。

Dell Japan Corp Comms February 16, 2009

医療インフラを総括的に提供、病院の発展と地域コミュニティーへの貢献を実践しているデル

今回発表された長野県松本市の相澤病院の導入事例は、ただのハードウェア導入事例ではなく、先進的な医療ITをデルのコンサルティングサービスが支えている現状を顕著に表しています。 相澤病院は地域医療の情報発信基地としてのデータセンターを開設するなど、地方病院にも関わらず、医療ITにおいて非常に進んでおり、患者の満足度を満たすことはもちろん、全国から医師、技術者が集ってきています。その相澤病院へ今回デルは、最新のサーバー製品を提供するだけでなく、システム提案/設計/構築/運用の導入をさせていただきました。 全体のシステム構成としては、オーダリング、電子カルテ、PACS、検査、医事など、ノンストップが求められる医療ITの基幹システムを、PowerEdge 2950を始めとし … さらに読む

Dell Japan Corp Comms October 1, 2008

「デル ソリューション・イノベーション・センター」が東京にオープン。

新しく三田に出来た東日本支社の中に、「ソリューション・イノベーション・センター」がオープンしました。 当初、この東日本支社は法人の外勤営業の拠点としてのみ計画されていたのですが、「せっかく都内に作るのだから、法人のお客様向けにデルの最新の製品やソリューションをきちんとお見せする施設も作ろう」という社長の指示で、昨年末にプロジェクトはスタートしました。 当初は、デモンストレーション専用の小規模な環境だけの予定だったのですが、その後、川崎本社にある検証用のラボの機能も移設することになり、結果的には28台のラックに約200台のサーバやストレージという規模になりました。 そのため、施設の設備的には、本格的な床下空調に免震プラットフォーム、二重化された電源など、商用のデータ … さらに読む

Dell Japan Corp Comms September 10, 2008

デルがOracle Award 2008を受賞!

去る7月25日(金)の午後、デル株式会社がOracle Awardを受賞しました! Oracle Awardとは年に一度、Oracle社からビジネスに貢献したパートナー企業に贈られる賞です。 Oracle Award受賞の瞬間。7月25日に行われた授賞式にて。 日本オラクル株式会社・遠藤社長(左)とデル株式会社 執行役員 アドバンスド・システム・グループ本部長の町田栄作(右) この度、デル株式会社は、Oracle VMにおけるアライアンス強化とGRID Centerでの共同技術検証を評価され、受賞にいたりました。 Oracle VMが販売開始された3月から、プレス活動・マーケティング活動・共同検証において2社一丸となってOracle VM& DELLでお客 … さらに読む

Dell Japan Corp Comms July 29, 2008

Virtualization Everywhere の実現に向けて

IT関係者の間で昨今最も脚光を浴びているトピックの一つは仮想化である。定義はいろいろとあるようだが、ポイントは、サーバ、ストレージやネットワークなど物理的なマシンや構成を隠して、ITインフラの運用効率を高めることである。仮想化はデルが現在最も注力している事業領域の一つであり、これまでサーバの仮想化、ストレージの仮想化、更には仮想化アセスメントサービスの提供など、さまざまな取組みを行ってきた。 デルがお客様に提供できる仮想化の提案とは、実はハードウェア/ソフトウェア/サービスを一体化した包括的かつワンストップでの仮想化ソリューションである。デルが目指しているのは、お客様が「仮想化」というツールを活用して、複雑化しているITのシステムを効率よく、かつ低コスト、シンプル … さらに読む

Dell Japan Corp Comms May 13, 2008
さらに読む場合は、こちらをクリックしてください。