Dell Logo

BT社がデル テクノロジーズのオンサイト プラットフォームを導入 ダイナミック ネットワーク サービスを拡張し、 よりアジャイルなオペレーションを実現

シェアする
Copied!

当資料は、2020年2月13日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。

米国リリース原文:https://corporate.delltechnologies.com/en-us/newsroom/announcements/detailpage.press-releases~usa~2020~02~20200213-dynamic-network-services.htm#/filter-on/Country:en-us

2020年3月2日

デル株式会社

EMCジャパン株式会社

 

BT社がデル テクノロジーズのオンサイト プラットフォームを導入

ダイナミック ネットワーク サービスを拡張し、

よりアジャイルなオペレーションを実現

「Dell EMC Virtual Edge Platform(VEP)」がBT社の顧客をグローバルにサポート

ネットワーク サービスとアプリケーションの簡単迅速でコスト効率に優れた展開を実現

 

ニュースの概要

  • BT社が、同社のダイナミック ネットワーク サービスに「Dell EMC Virtual Edge Platform(VEP)」オンプレミス システム ポートフォリオを採用 - 多国籍企業へこれまで以上に幅広い選択肢を提供し、ネットワーク アクセスとサービスの簡素化と高速化を実現
  • BT社は、企業のデジタル トランスフォーメーションをサポートするオンプレミス ネットワーク機能の仮想化、IoT、ITアプリケ―ションを実現する幅広い範囲のマネージド サービスを提供

 

2020213日、テキサス州ラウンドロック発

デル テクノロジーズは、BT社が顧客構内ITソリューション ポートフォリオを採用したことを発表しました。世界的な通信サービス プロバイダーであるBT社は、新たに幅広い範囲のマネージド サービスを提供し、同社の顧客である多国籍企業は、俊敏かつ柔軟にアプリケーションとサービスを展開することが可能になります。

BT社は、統合ネットワーキング、IoT、ITアプリケーション プラットフォームとして、ネットワーキング特化型ユニバーサルCPE(顧客構内設備)ファミリーの「Dell EMC Virtual Edge Platform(VEP)」を提供します。「Dell EMC VEP」によって、BT社は、顧客による重要なオンプレミス ワークロードのデータフローの自動化、簡素化、スピードアップをサポートすることが可能になります。

さまざまなフォームファクターとパフォーマンス レベルで利用できるuCPEエッジ デバイスである「Dell EMC VEP」によって、サービス プロバイダーは地理的に分散している顧客ロケーションにおけるハードウェアの統合と幅広いアプリケーションの両方を提供できます。これによって、すべてのロケーションに専用のアプライアンスやサーバーを置く必要がなくなるとともに、SD-WANなどのサーバー、セキュリティー機能、IoTゲートウェイ、分散アプリケーションをホスティングする共通プラットフォームを提供することで、主要なアプリケーションを迅速かつ簡単に展開することが可能になります。

業界をリードするデル テクノロジーズのオンプレミス プラットフォームと、ネットワーキングおよびセキュリティーにおけるBT社の経験とノウハウが1つになることは、BT社のユーザー企業に堅牢で安全なエンドツーエンドのデジタル インフラストラクチャーというメリットをもたらします。これによって、オペレーションおよびセキュリティーの統合フレームワークをベースにWAN、W-LAN、SD-WAN、クラウドを統合することが可能になります。ユーザー企業は、管理・制御性と俊敏性を維持しながら、ITインフラストラクチャーの展開と管理を飛躍的に簡素化することができます。

さらにBT社は、デル テクノロジーズのサーバー、ストレージ、HCI(ハイパーコンバージド インフラストラクチャー)によって、拡張的なエッジのユースケースもサポートします。

すでに同社は、数社の企業において、この新しいプラットフォームへのミッション クリティカル アプリケーションのオンボーディングを進めています。

デジタル インフラストラクチャーのパフォーマンス、セキュリティー、可用性を確保するために、多くの企業が、ハイブリッド コンピュートおよび分散IoTモデルに投資しています。ソフトウェア デファインド アーキテクチャー、オープン スタンダード、APIを使うことで、新たな市場機会へ迅速かつ効果的に対応しながら、災害や運用環境の中断、デジタル環境への脅威などに対する重要なデータとアプリケーションの安全性を強化することができます。

 

Dell EMC Virtual Edge PlatformVEP

ネットワーク仮想化およびソフトウェア デファインド アーキテクチャーのための高度なインテリジェンスを基盤に構築されている「Dell EMC VEP」ファミリーは、サービス プロバイダーと企業の両方について、モダナイズ(最新鋭化)と将来の変化に対応できる柔軟なWAN運用環境の実現をサポートします。「Dell EMC VEP」は、暗号化を高速化するインテル® QuickAssistテクノロジーおよびパケット処理を高速化するインテル データプレーン開発キット(DPDK)など、特にネットワーク パフォーマンスの向上を目的に設計されているインテル社のプロセッサーを搭載しています。これらの機能が、コンピューティング リソースを強化するとともに、セキュリティー ワークロードの増加をサポートする優れた効率性を実現します。

 

「Dell EMC VEP」には、広域と狭域両方の顧客ロケーションに対応できる幅広い構成を提供する以下2つのモデル シリーズがあります。

  • VEP4600シリーズ」 - 複数のネットワーク機能の仮想化をサポートする高パフォーマンスのモジュール形式で、中央ロケーションに適しています。
  • VEP1405シリーズ」 - コンパクト、低コスト、低消費電力の固定フォームファクターで、リモート ロケーションに適しています。

複数の地域に拠点を有する大規模な通信事業者やエンタープライズ企業に対して、Dell EMCは、グローバル規模のサプライチェーン、製造、物流、サポート サービス体制を背景に、一元化した連絡窓口とアカウンタビリティーを通じて、スムーズな調達、導入展開、サポートを提供します。

 

# # #

デル テクノロジーズについて

デル テクノロジーズ(NYSE:DELL)は、企業や人々がデジタルの未来を築き、仕事や生活の仕方を変革するのを支援します。同社は、データ時代に向けて、業界で最も包括的かつ革新的なテクノロジーとサービスのポートフォリオをお客様に提供しています。

# # #

© Copyright 2020 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.

Dell Technologies, Dell, EMCおよびDell EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

 

読み続ける