Dell Logo

デル・テクノロジーズ、VMwareのスピンオフの可能性を検討

シェアする
Copied!

当資料は、2020年7月15日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。

米国リリース原文:https://corporate.delltechnologies.com/en-us/newsroom/announcements/detailpage.press-releases~usa~2020~07~20200715-announcement.htm#/filter-on/Country:en-us

 

2020年8月3日

デル・テクノロジーズ株式会社

 

デル・テクノロジーズ、VMwareのスピンオフの可能性を検討

 

ニュースの概要

  • デル・テクノロジーズが、VMwareについて保有している持分所有権の81%をスピンオフする可能性を検討。スピンオフが実際に実行された場合、株主には大きな価値をもたらす
  • スピンオフを実行した場合、その後も従業員、お客様、パートナー様が業界をリードするソリューションのメリットを引き続き活用できるよう、現在VMwareとの間で結んでいる相互に利益をもたらす戦略関係を維持する意向
  • スピンオフを実行した場合、デル・テクノロジーズは両社の適切な投資適格の格付のための条件を交渉する予定

 

2020715日、テキサス州ラウンドロック発

デル・テクノロジーズは、VMwareについて保有している持分所有権81%のスピンオフの可能性を検討していることを発表しました。まだ検討の初期段階ではあるものの、同社はこのスピンオフによって資本構成を簡素化するとともに、さらなる長期的な企業価値を創出することで、デル・テクノロジーズとVMwareの両方の株主、従業員、お客様、パートナー様にメリットをもたらすと考えています。2021年9月より前にスピンオフを実施することはありません。また、これは米国における連邦所得税免除の条件獲得をねらいとしたものではありません。

 

現在の持分権を引き続き保有する選択肢を含め、デル・テクノロジーズはVMwareに対する持分権に関する幅広い戦略オプションを引き続き検討していきます。

 

デル・テクノロジーズの会長 兼 CEO(最高経営責任者)、マイケル デル(Michael Dell)は、次のように述べています。「デル・テクノロジーズとVMwareの戦略パートナーシップはかつてないほど強固になっています。20年以上にわたり、私たちはお客様のためのイノベーションを実現し、飛躍的な成長を遂げるとともに、双方の会社と従業員に高い価値を提供しています。さらに高い価値を生み出すため、どのようなオプションを選ぶかに関係なく、私たちは戦略を促進していきます。この姿勢に変化はありません。私たちは、統合が進む市場における成功とデル・テクノロジーズのポートフォリオ全体を通じたイノベーションにフォーカスし、データを価値あるインサイトと行動へと変える統合ソリューションを構築します」。

 

スピンオフの可能性を検討する一環として、デル・テクノロジーズはVMwareとの間で現在結んでいる商業契約に近い、両社に利益をもたらす商業契約を正式に結ぶことも視野に入れています。これには両社の間における市場展開(Go-to-market)、サービス、R&D(研究開発)、知的財産権に関する契約が含まれ、スピンオフが実行された場合でも、その後における両社の顧客への戦略的利益と継続的なサポートを確保します。

 

スピンオフを決定した場合、デル・テクノロジーズはVMware取締役会および同取締役会の特別委員会との間において、スピンオフに関連する一定の条件を交渉して合意を目指す考えで、その際にはVMwareがすべての同社株主に比例案分で支払う特別配当金について交渉する予定です。

 

スピンオフを実行した場合、両社ともに、ただちに適切な資本構成を確保することが、デル・テクノロジーズにとって重要です。デル・テクノロジーズの目標は、スピンオフを実行した場合、実行時やその直後に、VMwareの投資適格の信用格付を維持すること、また同時にデル・テクノロジーズの信用格付を高め、デル・テクノロジーズが投資適格の信用格付を達成するためのタイムラインを加速化することです。ただし、デル・テクノロジーズはスピンオフを実行した場合にデル・テクノロジーズおよびVMwareのいずれの企業についても最終的に指定の格付を獲得できるという保証はしません。

 

デル・テクノロジーズは、市場におけるリーダーであり、これからもPC、周辺機器、メインストリーム サーバー、外部ストレージ、クラウドをはじめとするクライアントおよびインフラ事業の成長を通じてシェアを高めていきます。マイケル デルは、次のように述べています。「デル・テクノロジーズのポートフォリオの深さと幅広さは、他社の追随を許しません。当社のビジネスは堅調であり、今後数十年にわたる成長への道筋が確立されています」。

 

今回の発表に関する詳細は、2020年7月15日にデル・テクノロジーズが米国証券取引委員会(SEC)に提出したSchedule 13Dでご覧いただけます。

 

# # #

デル・テクノロジーズについて

デル・テクノロジーズ(NYSE:DELL)は、企業や人々がデジタルの未来を築き、仕事や生活の仕方を変革することを支援します。同社は、データ時代における業界で最も包括的かつ革新的なテクノロジーとサービスのポートフォリオをお客様に提供しています。

 

# # #

© Copyright 2020 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.

Dell Technologies, Dell, EMCおよびDell EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

読み続ける

関連する投稿

お客様のデジタル変革実現に向けて、新たな価値を提供

2021年1月1日 デル・テクノロジーズ株式会社   お客様のデジタル変革実現に向けて、新たな価値を提供   新年あけましておめでとうございます。新しい年を迎えるにあたり、旧年中に皆様から賜りましたご支援、ご厚情に、厚く御礼申し上げます。   昨年8月1日に、デル株式会社とEMCジャパン株式会社両法人を統合し、デル・テクノロジーズ株式会社として、新たにスタートいたしました。この統合を通じて総合力を一層高め、 … さらに読む

プレスリリース一覧 January 1, 2021

デル・テクノロジーズ、デルの個人向け製品を対象に“年末年始セール”を開催

2020年12⽉22⽇ デル・テクノロジーズ株式会社   デル・テクノロジーズ、 デルの個人向け製品を対象に“年末年始セール”を開催   デル・テクノロジーズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:大塚 俊彦、以下、デル・テクノロジーズ URL:https://www.delltechnologies.com/ja-jp/index.htm)は、デルの個人向け製品を対象に“年末年始セール”を本日より … さらに読む

プレスリリース一覧 December 21, 2020

デル・テクノロジーズ、法人向け製品対象のオンライン限定 「ウィンターセール」を開催

2020年12⽉8⽇ デル・テクノロジーズ株式会社   デル・テクノロジーズ、法人向け製品対象のオンライン限定 「ウィンターセール」を開催 ・年内まだ間に合う!最短当日出荷、翌日お届けの即納モデルも多数ご用意 ・新規のお客様にはさらにお得なクーポンを発行   デル・テクノロジーズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:大塚 俊彦、以下、デル・テクノロジーズ URL:https://www. … さらに読む

プレスリリース一覧 December 7, 2020

デル・テクノロジーズ、デルの個人向け製品を対象に “BLACK FRIDAY第二弾およびファイナル”を開催

2020年11⽉25⽇ デル・テクノロジーズ株式会社   デル・テクノロジーズ、デルの個人向け製品を対象に  “BLACK FRIDAY第二弾およびファイナル”を開催 ―即納モデルがさらにお得な“【最短翌日お届け】デルの歳末即納PCフェア”も同時開催―   デル・テクノロジーズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:大塚 俊彦、以下、デル・テクノロジーズ URL:https://www.dellte … さらに読む

プレスリリース一覧 November 24, 2020
さらに読む場合は、こちらをクリックしてください。